エクセルで日付から曜日を表示する text関数の使い方:Excel

Excelで曜日を表示するには

日付のデータから曜日を表示することができます。

TEXT(テキスト)関数

書式 =TEXT(値,表示形式)
引数 値データを指定
表示形式 表示書式を半角の「"(ダブルクォーテーション)」で囲んで指定

曜日の主な表示形式

表示形式 表示 表示形式 表示
"aaaa" 月曜日 "dddd" Monday
"aaa" "ddd" Mon
"(aaa)" (月)

日付や時刻は、内部的には数値データとして扱われていて、表示形式によって日付や時刻として表示される仕組みになっています。

セル[G4]から[G13]に曜日を表示しましょう。

作成する数式	セル[G4]	=TEXT(F4,"(aaa)")
  1. 1
    セル[G4]を選択します。
  2. 2
    [数式]タブをクリックします。
  3. 3
    [文字列操作▼]をクリックします。
  4. 4
    下方向にスクロールして、一覧から「TEXT」をクリックします。
  5. 5
    [関数の引数]ダイアログボックスが表示されます。
  6. 6
    引数を設定します。(記号は半角で入力します。)
  7. 7
    [OK]ボタンをクリックします。
  8. 8
    セル[G4]に「(水)」と表示されます。
  9. 9
    数式バーに「=TEXT(F4,"(aaa)")」と表示されます。
  10. 10
    オートフィル機能を使用して、セル[G4]に作成した数式を[G13]までコピーします。

セル[H4]から[H10]に曜日を表示しましょう。

作成する数式	セル[H4]=TEXT(F4,"dddd")
  1. 1
    セル[H4]から[H10]に曜日が表示されます。

関連記事

お役立ちガイド に戻る

全国の派遣求人多数!アデコが経験や希望に合うお仕事をご紹介します