エラーを非表示にする:Excel

Excelでエラーを非表示にするには

エラーを表示させない方法のひとつで、IF関数とISERROR関数を組み合わせて使います。

ISERROR(イズエラー)関数

書式 =ISERROR(対象)
引数 対象 エラーかどうかを調べたいデータ
エラーならTRUE(真)、エラーでないならFALSE(偽)を返す

セル[D4]に打率を求め、作成した数式をセル[D8]までコピーしましょう。

作成する数式 =C4/B4
  1. 1
    セル[D4]をクリックします。
  2. 2
    「=C4/B4」の数式を作成し、確定します。
  3. 3
    オートフィル機能を使用して、セル[D4]に作成した数式をセル[D8]までコピーします。

セル[D5]と[D7]は、空白セルを計算式に使っているので、「エラー表示」となってしまいます。

ISERROR関数を使って、セル[D11]から[D15]までの数式がエラーになるかどうかを判定しましょう。

作成する数式 =ISERROR(C11/B11) 数式[C11]/[B11]は、エラーになるかどうか
  1. 1
    セル[D11]をクリックします。
  2. 2
    [数式]タブをクリックします。
  3. 3
    [その他の関数▼]ボタンをクリックします。
  4. 4
    [情報▶]をポイントします。
  5. 5
    一覧から「ISERROR」をクリックします。
  6. 6
    [関数の引数]ダイアログボックスが表示されます。
  7. 7
    引数を設定します。
  8. 8
    [OK]ボタンをクリックします。
  9. 9
    セル[D11]に「FALSE」と表示されます。
  10. 10
    数式バーに「=ISERROR(C11/B11)」と表示されます。
  11. 11
    オートフィル機能を使用して、セル[D11]に作成した数式をセル[D15]までコピーします。

先ほどエラー値が表示された数式の結果には「TRUE」が、打率が計算される数式の結果には「FALSE」が表示されます。

ISERROR関数は、「エラーになりますか?」とExcelに問い合わせる関数です。

「TRUE」の結果は、「そのとおり、エラーになります」という意味で、
「FALSE」の結果は、「違います、エラーになりません」という意味です。

IF関数とISERROR関数の組み合わせ

エラー表示となってしまう場合と、打率が計算される場合の両方に対応するために「IF関数」と「ISERROR関数」を組み合わせます。

作成する数式の意味:エラー表示となる場合には、そのエラーを表示させる代わりに「0.000」を表示、エラーにならない場合には、「打率」を表示

IF関数とISERROR関数を使って、エラー表示はさせずに、打率を表示しましょう。

作成する数式は =IF(ISERROR(C18/B18),0,C18/B18) ① 論理式:[C18]/[B18]がエラーになるか ② 真の場合:エラーなら「0」を表示 ③ エラーでないなら打率を計算する
  1. 1
    セル[D18]をクリックします。
  2. 2
    [数式]タブをクリックします。
  3. 3
    [論理▼]ボタンをクリックします。
  4. 4
    一覧から「IF」をクリックします。
  5. 5
    [関数の引数]ダイアログボックスが表示されます。
  6. 6
    [論理式]ボックスにカーソルを表示したまま、[名前ボックス]の▼をクリックします。
  7. 7
    ISERROR関数をクリックします。(最近使っていれば、一覧に表示されます。)
    ISERROR関数の表示がない場合、[その他の関数]をクリックします。
  8. 8
    [関数の挿入]ダイアログボックスが表示されます。
  9. 9
    関数の分類-「情報」を指定します。
  10. 10
    関数名-「ISERROR」を指定します。
  11. 11
    [OK]ボタンをクリックします。
  12. 12
    [関数の引数]ダイアログボックスが表示されます。
  13. 13
    引数-テストの対象に「C18/B18」を設定します。
  14. 14
    数式バーに「=IF(ISERROR(C18/B18))」と表示されます。
  15. 15
    数式バーの「IF」をクリックします。
  16. 16
    「IF」関数の[関数の引数]のダイアログボックスが表示されます。
  17. 17
    引数を設定します。
  18. 18
    [OK]ボタンをクリックします。
  19. 19
    セル[D18]に打率が表示されます。
  20. 20
    数式バーに「=IF(ISERROR(C18/B18),0, C18/B18)」と表示されます。
  21. 21
    オートフィル機能を使用して、セル[D18]に作成した数式をセル[D22]までコピーします。

エラーが表示されたセル[D19]と[D21]には、「0(0.000)」が表示されます。

関連記事

お役立ちガイド に戻る

あなたの経験や希望に合ったお仕事情報をご紹介

ご登録はWeb上で完了します(来社不要)。また、ご希望条件や職歴等はインタビュー(電話面談)でお伺いします。

お仕事開始までの流れ
  • 増額キャンペーン実施中 お友達紹介プログラム アデトモ
  • CAREER COLLECTION~100人100キャリア~

全国の派遣求人多数!アデコが経験や希望に合うお仕事をご紹介します