エクセルで重複をチェックする:Excel

Excelで重複データを探すには

重複データを調べるには、データが表の中で何個あるかを数えます。

データが1つしかない場合は、重複データではないことになります。2つ以上データがある場合は、それぞれに「印(しるし)」を表示します。

重複データがあるかどうかを「商品名」のデータで調べます。

商品名が重複するデータの[G]列に「★」を表示しましょう。

作成する数式は =IF(COUNTIF($C$4:$C$22,C4)>1,"★","")。① 条件:セル[C4]の商品名が全体の中で1より大きければ($C$4:$C$22,C4)>1) ② 真の場合:「★」を表示 ③ 偽の場合:「空白」を表示
  1. 1
    セル[G4]を選択します。
  2. 2
    [数式]タブをクリックします。
  3. 3
    [論理▼]ボタンをクリックします。
  4. 4
    一覧から「IF」をクリックします。
  5. 5
    (IFの)[関数の引数]ダイアログボックスが表示されます。
  6. 6
    [論理式ボックス]内にカーソルを表示します。
  7. 7
    [名前ボックス]の▼をクリックし、一覧に[COUNTIF]があればクリックします。
    なければ[その他の関数]をクリックして、[COUNTIF]を検索して挿入します。
  8. 8
    (COUNTIFの)[関数の引数]ダイアログボックスが表示されます。
  9. 9
    同時に「IF」関数の中に「COUNTIF」関数が挿入されます。
  10. 10
    COUNTIF関数の引数を設定します。
  11. 11
    (IFの引数ダイアログボックスを表示したいので、)数式バーの「IF」をクリックします。
  12. 12
    (IFの)[関数の引数]ダイアログボックスが表示されます。
  13. 13
    論理式のCOUNTIF関数の後ろに「>1」を追記します。
  14. 14
    真の場合と偽の場合を設定します。
  15. 15
    [OK]ボタンをクリックします。
  16. 16
    セル[G4]に「★」が表示されます。
  17. 17
    オートフィル機能を使用して、セル[G4]に作成した数式を[G22]までコピーします。 同じ商品名が2つ以上存在しているものに「★」が表示されます。
  • 重複データを削除すると、「★」が消えます。

「★」を2件目以降に表示する

前記では、重複データがあった場合、その両方(すべて)に「★」を表示していますが、同じデータの2件目以降から表示する場合は、IF関数の条件式に指定する式を「COUNTIF($C$4:C4,C4)>1」とし、データを数える範囲を一番上の行から現在の行とすることで、重複している1件目には「★」が表示されません。

=IF(COUNTIF($C$4:C4,C4)>1,"★","")

関連記事

お役立ちガイド に戻る

あなたの経験や希望に合ったお仕事情報をご紹介

ご登録はWeb上で完了します(来社不要)。また、ご希望条件や職歴等はインタビュー(電話面談)でお伺いします。

お仕事開始までの流れ
  • 増額キャンペーン実施中 お友達紹介プログラム アデトモ
  • CAREER COLLECTION~100人100キャリア~

全国の派遣求人多数!アデコが経験や希望に合うお仕事をご紹介します