DATEDIF関数:Excel

Excel期間を調べるには

勤務年数や年齢などの期間を取得したい場合に使われるのが「DATEDIF」関数です。
この関数は、[関数の挿入]ダイアログボックスに登録されていません
セルもしくは数式バーに直接数式を入力することが必要です。

DATEDIF(デートディフ)関数

指定した期間内の日数・月数・年数などを取得することができます。

書式 =DATEDIF(開始日,終了日,"単位")
引数 開始日 計算開始日を指定
  • 日付の入力は、引用符で囲まれた文字列 (例:"2011/1/30")、シリアル値などを使用
終了日 計算終了日を指定
  • 日付の入力は、引用符で囲まれた文字列 (例:"2011/1/30")、シリアル値などを使用
単位 日付の単位を指定
  • ダブルクォーテーションで囲む

【指定する日付の単位】

年数"Y"	年数で端数の月数"YM" 月数"M" 年数で端数の日数"YD" 日数"D" 月数で端数の日数"MD"

セル[C4:C10]に年齢を求めましょう。

セル[C4]に作成する数式=DATEDIF(B4,$G$1,"Y") セル[B4]と[G1]の差を「年数」で表示する
  1. 1
    セル[C4]をクリックします。
  2. 2
    「=datedif(B4,$G$1,"Y")」と入力し、確定します。
    入力は半角であれば、大文字でも小文字でも構いません。
    [単位]の引数は必ずダブルクォーテーションで囲みます。
  3. 3
    計算式が確定し、セル[C4]に年齢が表示されます。
  4. 4
    セル[C4]をアクティブにすると、数式バーに、年齢を求める数式が表示されます。
  5. 5
    オートフィル機能を使って、数式をセル[C10]までコピーします。

セル[F4:G10]の学習期間を求めましょう。

セル[F4]に作成する数式	=DATEDIF(D4,E4,"M") セル[D4]と[E4]の差を「月数」で表示する
セル[G4]に作成する数式	=DATEDIF(D4,E4,"MD") セル[D4]と[E4]の差を「月数で端数の日数」で表示する
  1. 1
    セル[F4]をクリックします。
  2. 2
    「=datedif(D4,E4,"M")」と入力し、確定します。
  3. 3
    セル[G4]をクリックします。
  4. 4
    「=datedif(D4,E4,"MD")」と入力し、確定します。
  5. 5
    オートフィル機能を使って、数式をセル[F10:G10]までコピーします。

関連記事

お役立ちガイド に戻る

あなたの経験や希望に合ったお仕事情報をご紹介

ご登録はWeb上で完了します(来社不要)。また、ご希望条件や職歴等はインタビュー(電話面談)でお伺いします。

お仕事開始までの流れ
  • Restart Safely
  • 増量キャンペーン実施中 お友達紹介プログラム アデトモ
  • CAREER COLLECTION~100人100キャリア~
  • 障がいをお持ちの方(障害者のためのアデコのサービス)

全国の派遣求人多数!アデコが経験や希望に合うお仕事をご紹介します