COUNT/COUNTA関数:Excel

Excelでデータの件数を求めるには

指定した範囲の件数を求めることができます。

COUNT(カウント)関数

書式 =COUNT(数値)
引数 数値 件数を求めたいデータやセル範囲を指定
  • 数値データのみを対象
  • 文字データやエラー値は無視

COUNTA(カウントエー)関数

書式 =COUNTA(値)
引数 件数を求めたいデータやセル範囲を指定
  • セルに入力されたすべてのデータを対象
  • 何も入力されていないセルは無視

セル[B10]から[H10]に利用人数の合計を求めましょう。

作成する数式	=COUNT(B4:B9) セル[B4]から[B9]で数値が入力してあるセル(件数)を数える
  1. 1
    セル[B10]をクリックします。
  2. 2
    [ホーム]タブをクリックします。
  3. 3
    [合計]ボタンの▼をクリックします。
  4. 4
    一覧から「数値の個数(C)」をクリックします。
  5. 5
    計算対象となるデータ範囲が自動認識され、点滅する点線で囲まれます。
  6. 6
    同時に、セル[B10]と数式バーに「=COUNT(B8:B9)」と表示されます。
  7. 7
    引数(計算の対象となる範囲)を「=COUNT(B4:B9)」に修正します。
  8. 8
    セル[B10]と数式バーに「=COUNT(B4:B9)」と表示されます。
  9. 9
    Enterキーを押します。
  10. 10
    計算式が確定し、セル[B10]に4月の利用人数が表示されます。
  11. 11
    数式バーに、4月の利用人数を求める数式が表示されます。
  12. 12
    オートフィル機能を使用して、セル[B10]に作成した数式をセル[H10]までコピーします。その際、罫線の書式がコピーされないようにします。

セル[B12]に利用者人数を求めましょう。

作成する数式	=COUNTA(A4:A9) セル[A4]から[A9]で(何らかの)値が入力してあるセル(件数)を数える
  1. 1
    セル[B12]をクリックします。
  2. 2
    [ホーム]タブをクリックします。
  3. 3
    [合計]ボタンの▼をクリックします。
  4. 4
    一覧から「その他の関数(F)」をクリックします。
  5. 5
    [関数の挿入]ダイアログボックスが表示されます
  6. 6
    関数の分類-「すべて表示」を指定します。
  7. 7
    日本語入力オフの状態で「counta」と素早く入力し、関数名「COUNTA」を指定します。
  8. 8
    [OK]ボタンをクリックします。
  9. 9
    [関数の引数]ダイアログボックスが表示されます。
  10. 10
    引数-値1に「A4:A9」を設定します。
  11. 11
    [OK]ボタンをクリックします。
  12. 12
    計算式が確定し、セル[B12]に利用者数が表示されます。
  13. 13
    数式バーに、利用者数を求める数式「=COUNTA(A4:A9)」が表示されます。

関連記事

お役立ちガイド に戻る

あなたの経験や希望に合ったお仕事情報をご紹介

ご登録はWeb上で完了します(来社不要)。また、ご希望条件や職歴等はインタビュー(電話面談)でお伺いします。

お仕事開始までの流れ
  • #IamWithYou 働くあなたに、いつも寄り添って
  • 働くあなたをいちばん想う、アデコ。
  • お友達紹介プログラム アデトモ
  • CAREER COLLECTION~働く私に、ストーリーが生まれる~
  • 障がいをお持ちの方(障害者のためのアデコの派遣サービス)

全国の派遣求人多数!アデコが経験や希望に合うお仕事をご紹介します