キャリアについて

Q.【NEW】手術の多い20代を過ごし、今もいずれは手術があるため体調を見ながらの就活です。プライベートで日本語指導ボランティアに出会いました。これはキャリアストーリーを見直すヒントになりますか?
A.
アイコン
早坂先生からの回答

<相談者の背景>
キャリアを見直したはじめの頃は人と比べてしまったり、体調もよくなくて退職することも多かった。でも今はこれも前向きに捉えるようにしている。手術があったから体調について考えるようになったし、人に対して優しくなれた。そんな中で日本語指導ボランティアと出会い・・・

<アドバイス>
もちろんです。日本語指導ボランティアとの出会いが、あなたにどのような影響を与えたのか。そのことにはとても大きな意味があると思います。
手術の多い20代を過ごし、これからもその予定がある。キャリアはその状態をベースに築いてきたものです。不調に気づきながらも無理して仕事に打ち込む人もいる中で、体調を考えながら仕事と向き合うことはとても大切なことです。

やりたいのにできないと諦めたことも多かったことでしょう。世の中、諦めることができなくて苦しんでいる人がたくさんいます。「諦める=負け」のような発想がそうさせるのかもしれません。
私は諦めることによって、発想の転換ができたり、新しくやりたいことが見えてくると思っていて、諦めることは決して悪いことではないと伝えています。諦めるということは自分を許すことでもあると思っていて、身をもって経験されていることは大きいですね。
あなたのこれからのキャリストーリーがとても楽しみです。

早坂明美先生のハッピーキャリア相談室 に戻る

あなたの経験や希望に合ったお仕事情報をご紹介

ご登録はWeb上で完了します(来社不要)。また、ご希望条件や職歴等はインタビュー(電話面談)でお伺いします。

お仕事開始までの流れ
  • Career Collection 一人ひとりの働く想い、すべてが”グッドストーリー”
  • IamWithYou 私に前向きな、私でいたい。
  • お友達紹介プログラム アデトモ
  • worklife Canvas
  • 障がいをお持ちの方(障害者のためのアデコの派遣サービス)

アデコへの登録はWebで完了!全国多数の派遣求人から、経験や希望に合うお仕事をご紹介します