キャリアについて

Q.【NEW】夫が転勤族。本当は正社員で働きたいけど、突然の異動を考えて、現在は単発の仕事をしています。結婚前は正社員で経理を担当していたので、経理を続けていくべきか、職種を変えた方がいいのか…30歳を目前にこれからどんな選択肢があるか相談したい。
A.
アイコン
早坂先生からの回答

ご主人の転勤に伴って、計画していたキャリア形成の変更を余儀なくされたという話はよく耳にします。あなたの年齢なら正社員への道もまだまだあるでしょう。経験つながりで経理の仕事を極めていくこともよし、キャリアチェンジをして新たな道を探っていくこともできますね。その時に考えたいことは、ライフイベントに柔軟に対応できる環境かということ。
これから出産による育児、その先には親の介護があるかもしれません。そういった時に自分と家族が働くことにどう向き合っていくかを今のうちに家族と話し合っておくことが大切です。

事例を紹介します。

  • 私の同僚(50代男性)は結婚を機に専業主夫になりました。会社経営者の奥さんが働き、同僚が子育てしながら扶養の範囲内で働いています。まさか自分がこういう生活になるとは思ってもいなかったと話していますが、会社を経営する奥さんをサポートする生活も悪くないようです。
  • 私の知人(30代女性)は全国に支店のある会社に転職し、そこで知り合った男性と結婚して子どもができました。ところが結婚生活が破綻して実家のある地方都市に戻ることになりました。その時この会社は実家近くの支店に彼女を異動させました。この会社は育児中の仕事内容を一時的に営業から事務へ担当を変更することもしていて、社員が長く働き続けられるように配慮しています。
  

昨今はコロナによって働き方が大きく変わり、ある会社の「どこでもオフィス」のように社員一人ひとりのニーズにあわせて働く場所や環境を選択できるようにもなってきました。これからは多様性の時代です。自分の働き方を尊重してくれる組織に目を向けてみてもいいかもしれませんね。

早坂明美先生のハッピーキャリア相談室 に戻る

あなたの経験や希望に合ったお仕事情報をご紹介

ご登録はWeb上で完了します(来社不要)。また、ご希望条件や職歴等はインタビュー(電話面談)でお伺いします。

お仕事開始までの流れ
  • Career Collection 一人ひとりの働く想い、すべてが”グッドストーリー”
  • IamWithYou 私に前向きな、私でいたい。
  • お友達紹介プログラム アデトモ
  • worklife Canvas
  • 障がいをお持ちの方(障害者のためのアデコの派遣サービス)

アデコへの登録はWebで完了!全国多数の派遣求人から、経験や希望に合うお仕事をご紹介します