EAP・メンタルヘルスケア

トータル・ライフ・サポート・プログラム(TLSP)は、企業の生産性の向上という観点からよりよい職場環境づくりに役立つソリューションを提供する、アデコ独自の従業員支援プログラム(EAP: Employee Assistance Program)です。
企業の組織・人事・管理監督者・従業員、その家族に対して、さまざまなサービスをご用意しています。

TLSPとは

近年、社会や職場環境、家庭のあり方が大きく変化するなか、職場や家庭でのストレスによって、メンタルヘルスに不調をきたす従業員が増加傾向にあります。このような現状を踏まえ、企業の生産性向上という観点からも、こころの病を抱える従業員へのサポートに対するニーズが高まっています。

トータル・ライフ・サポート・プログラム(TLSP)は、企業の生産性向上の、重要な要素となる「企業のメンタルヘルス対策」、「組織の活性化」に寄与する、アデコ独自のEAPです。TLSPを通して、一人ひとりが自分の能力を最大限に発揮し、より豊かな人生を過ごせるようになること、そして、企業の組織全体がいきいきとした職場になることを目指してサービスを提供しています。

プログラムには、全従業員のストレス診断、組織のストレス状況や組織の活力度を可視化・把握できる組織診断、メンタルヘルス対策に対する認知・理解を促すセミナー、復職支援、組織をよりいきいきとするためのEQ検査・セミナー、外部の専門機関と連携したサービスなどがあります。

TLSPができること

専門の知識を持つ社員と外部機関が連携して、組織・人事・管理監督者・従業員、またご家族も含めた、トータルな「メンタルヘルス対策」から「職場の活性化」まで、企業のニーズに合わせた組織の仕組みづくりを支援します。

悩み・ケース1:国の法律・指針が履行できていない(安全配慮義務違反の恐れ)という悩みから、法律に則ったメンタルヘルス対策を実施したいというケースでは、TLSPを導入することで、職場の現状把握から課題抽出、施策実施までをアデコと連携して行うことで、職場内のサポート体制を整備できた。悩み・ケース2:ストレスにより、従業員の生産性が低下しているという悩みから、職場のメンタルヘルス状況を把握したいというケースでは、TLSPを導入することで、「組織判断」によって組織のストレス傾向を把握でき、より具体的な対策を実施できるようになった 悩み・ケース3:従業員のメンタルヘルス対策への関心が低く、コミュニケーションも希薄という悩みから、メンタルヘルスの教育・研修を実施したいというケースでは、TLSPを導入することで、職場の状況に合った研修を実施することで、この分野への関心が高まり、職場のコミュニケーションも活発になった 悩み・ケース4:最近、従業員のモチベーションが低下しているという声をよく聞くが、実際はどうなんだろうという悩みから、職場の組織状態や仕事のパフォーマンス度を把握したいというケースでは、TLSPを導入することで、「ストレス診断」と「組織活力」を組み合わせることにより、組織の活性化とストレスとの関連を可視化でき、組織の状況が明確になることで効果ある対策を実施できた
  • これ以外にも、下記のようなニーズにも対応しています。
  • 導入しているメンタルヘルスケアサービスの利用を促進させたい
  • メンタルヘルスに関する課題を担当する人事や管理職の不調にも対応したい
  • 若手社員と管理職との効果的なコミュニケーションを図りたい
  • 従業員一人ひとりのモチベーションをあげたい

TLSPの強み

EAP(従業員支援プログラム)であるTLSPは、従業員の心身の健康を図るだけでなく、組織全体の生産性向上を行う上で重要な「メンタルヘルス対策」「組織の活性化」に焦点をあて、様々なサポートを展開しています。

強み1独創力: 総合人材サービス企業ならではの独自プログラム

メンタルヘルス対策だけにとどまらず、モチベーション向上や組織活性化などを組み合わせた多角的視点による独自プログラム。「人材」にまつわるトータルな問題解決に取り組み、職場の生産性向上に貢献します。

強み2即効力: 職場の実態に合わせ全方位から支える豊富なセミナー

組織マネジメント、各個人のストレス、組織全体のコミュニケーションなど、あらゆる視点によるセミナーを提供。体験や演習を盛り込んだ実践重視型によって、職場環境の早期改善を可能にします。

強み3総合力: EAPやメンタルヘルスケアの専門企業とのパートナーシップ

EAPサービスは幅広い領域を横断しており、サービス会社によって専門領域は異なります。各専門企業とのパートナーシップを組んでいるため、高品質で全領域をカバーした総合的な解決を可能にしています。

強み4適応力: 各企業のニーズに合わせた最適なソリューション

メンタルヘルスの問題を引き起こす要因は組織によって千差万別。抱える課題やニーズに合わせてサービスをカスタマイズすることで、効果を最大化できるソリューションを提供します。

強み5専門力: 国内最多の有資格者によるコンサルティング

外部機関より認定されたEAPコンサルタントの在籍数は国内最多の400名。さらに上級の国際EAPコンサルタントが5名も在籍。圧倒的な知識と経験を誇るコンサルタントが、貴社の課題を解決する最適な提案を行います。

アデコは、「国際EAP協会(EAPA)」の日本支部である「一般社団法人EAPコンサルティング普及協会」の活動に賛同しています。
「EAPコンサルティング普及協会」は、EAPコンサルタントやそれに関連する業界の社会的な認知向上などを図るため、教育や研修活動のほか、EAPコンサルタントの技能検定やCEAP(国際EAPコンサルタント)といった専門家育成を支援する団体です。

サービスラインアップ

企業でその重要性を認識されているメンタルヘルス対策のために、外部の専門機関とも連携しながら、特に「0(ゼロ)次予防」「一次予防」対策に重点をおき、それぞれの段階で効果的なサービスをご用意しています。

活力調査やストレスチェックは、従業員へのケア(セルフケア)のために、生産性向上(O次予防)と予防・健康増進(一次予防)として行います。要ケア部門へのフォロー(職場環境改善)は、従業員へのケア(セルフケア)として、予防・健康増進(一次予防)と早期発見・対応(二次予防)として行います。EQ能力開発プログラムは、従業員へのケア(セルフケア)、管理監督者へのケア(ラインケア)、人事・産業保健スタッフなどによるケア、外部支援機関によるケアのために、生産性向上(O次予防)として行います。各種EAP・メンタルヘルス関連セミナーは、従業員へのケア(セルフケア)と管理監督者へのケア(ラインケア)のために、生産性向上(O次予防)、予防・健康増進(一次予防)、早期発見・対応(二次予防)、再発防止(三次予防)として行います。フォローアップ(セミナー・カウンセリング)は、管理監督者へのケア(ラインケア)のために、生産性向上(O次予防)、予防・健康増進(一次予防)、早期発見・対応(二次予防)、再発防止(三次予防)として行います。訪問カウンセリングは、管理監督者へのケア(ラインケア)のために、予防・健康増進(一次予防)、早期発見・対応(二次予防)、再発防止(三次予防)として行います。組織活力や組織診断は、管理監督者へのケア(ラインケア)と人事・産業保健スタッフなどによるケアのために、生産性向上(O次予防)、予防・健康増進(一次予防)として行います。相談対応セミナーは、人事・産業保健スタッフなどによるケアのために、予防・健康増進(一次予防)、早期発見・対応(二次予防)として行います。外部相談窓口である健康に関する電話相談、カウンセリングサービス(電話・面談)法律相談(電話・FAX)、専門医によるセカンドオピニオンは、人事・産業保健スタッフなどによるケアと外部支援機関によるケアのために、予防・健康増進(一次予防)、早期発見・対応(二次予防)、再発防止(三次予防)として行います。復職判定・支援は、従業員へのケア(セルフケア)、管理監督者へのケア(ラインケア)、人事・産業保健スタッフなどによるケア、外部支援機関によるケアのために、再発防止(三次予防)として行います。

活用事例

企業が職場の生産性向上を目指すうえで重要な要素となる「EAPサービス」のひとつとして展開しているTLSPは、企業がもつさまざまな課題に対して、俯瞰的な視点からサポートしています。
ここでは、企業が抱えるメンタルヘルスの問題のなかで、よくあるケースとTLSPのサービスを用いたケースごとの対応をご紹介します。

  • 対策

    これから施策を新たに導入しようという段階では、まず、社内体制の整備や施策を行う担当者の選出および教育が必要です。土台をしっかり固め、効果的・効率的な対策を講じます。

    ポイント1:サービスを導入するにあたって、社内体制を構築する。具体的には社内で、免だるヘルス対策のプラン・予算を策定するとともに、担当者の選任・教育を行う。 ポイント2:対策を進めるために、対策の鍵となる管理職への教育を行う。具体的には管理監督者向けの「メンタルヘルスセミナー」を開催する ポイント3:「予防」の観点から、従業員が気軽に相談でいる窓口を設ける(従業員の受け皿を作る)。具体的には外部相談窓口、社内の相談窓口を設置する

    対策後のフォローアップおよび次の施策

    • 講じた対策の結果を検証し次の施策に生かすといった、「PDCA」のサイクルを実行する
    • 従業員個人に対するメンタルヘルス対策を行う
    • 組織の状態を分析し対策を講じる
    • 職場・組織を分析後に、CEAP(国際EAPコンサルタント)からアドバイスを受ける
  • 対策

    実施している施策の効果を把握できないと、次に必要な対策がなにかを判断することは難しくなります。今回の場合は、会社の全体傾向を、具体的な数値で多角的に分析し、対策を検討していく必要があります。

    ポイント:組織のストレス傾向を具体的に把握・多角的に分析し、適切な対策をつなげる。具体的には「ストレス診断・組織診断」を実施する

    対策後のフォローアップおよび次の施策

    • 対策が必要な部門に対応するために、以下のサービスを利用する
    • 従業員個人に対するメンタルヘルス対策を行う
    • 社内の産業保健スタッフを利用することも、フォローアップとしては有効
  • 対策

    組織変更などの配置転換に起因する従業員のモチベーション低下は、多かれ少なかれどのような組織でも起こりうることです。
    範囲が広いほど、職場の生産性に大きな影響を及ぼしかねない問題ですので、早い段階での対応が必要となります。

    ポイント1:管理職のメンタルヘルス対策に対する意識を高める。具体的には「メンタルヘルスケアセミナー」のひとつ、部下への支援に対応するセミナーを開催する。 ポイント2:職場全体で、ストレスやメンタルヘルス対策に対する認知や理解を促す。具体的には「ストレスマネジメントセミナー」を開催する。 ポイント3:悩みを相談したい従業員に適時対応する体制を整備し、メンタルヘルス不調にいたる前に予防する。具体的には・外部の専門スタッフによる「相談窓口」を設置する・社内の相談窓口を設置する。 ポイント4:職場全体のコミュニケーションを活発化する。具体的には年代や役職などの階層別に、「コミュニケーションセミナー」を開催する

    対策後のフォローアップおよび次の施策

    • 対策が必要な部門に対応するために、以下のサービスを利用する
    • セミナーでの学びを職場で活用できるようフォローアップする
    • 従業員のストレスへの耐性をあげる施策を行う

ご利用の流れ

  1. Step1 ヒアリング

    貴社が抱える問題や実施しているメンタルヘルス対策について、詳しくヒアリングさせていただきます。そのうえで、貴社の状況を踏まえた対策方法を検討します。

  2. Step2 ご提案

    貴社のニーズや課題解決に適したサービスをご提案します。必要に応じて、メンタルヘルス対策を推進するための社内体制の整備や、メンタルヘルスに関する従業員の認知向上を図るための施策もご用意します。

  3. Step3 契約の締結

    サービス費用に関する見積もり提出後、導入のスケジュールを作成し契約を締結します。

    • 外部相談窓口など、パートナー企業との契約についても、アデコの営業担当者がサポートします。
  4. Step4 ご利用開始
    • サービスの利用開始にあたって必要なことは、随時フォローします。
  5. Step5 結果検証・フォローアップ

    サービス実施後、CEAP(国際EAPコンサルタント)有資格者が、結果報告書をもとに現状分析を行ないます。分析結果についてはミーティングを行い、サービスの見直しやより有効な施策について、随時検討・ご提案します。

  • 各サービスは、検討から実施まで、約2カ月を目安にしています。

関連コンテンツ

EAPやメンタルヘルスで使用される用語について解説しています。

HRソリューション に戻る

人材に関するお悩みがございましたらお気軽にご連絡ください