その他

Q.【NEW】現在51歳。やがては一人で生きていけるようこれから仕事に力を入れる予定が、家族のために先延ばしに。今は点の仕事でも、できることをコツコツと積み上げることが大事なのでしょうか。
A.
アイコン
早坂先生からの回答

<相談者の背景>
家事、育児、特に子供の教育に専念しつつ、資格取得や派遣社員として働きながら社会とのつながりを保ってきた。仕事に力を入れようした矢先、大学生の息子が難関国家試験に臨むことになり、その合格までは仕事を週3日程度に止めておこうという気持ちが強くなった。でも年齢的に焦りが・・・

<アドバイス>
息子さんの思いを叶えるために、そのサポートを優先できる環境や決断はそう簡単なことではないと想像しています。気も遣うしお金もかかる。なにより予定していた自分のやりたいことを先延ばしにするという決断。それは長年、家族あっての人生を歩んでこられた証だと思いました。

それなのに、「やがて一人で生きていける力をつけたい」と思うのはどうして?その“力”とは具体的に何を指しているの?と思いました。
「仕事に力を入れる」「週3日程度の仕事に止めておく」という言葉からは、働く時間の密度や長さ、収入面を指すようにも感じます。それなら週3日程度の仕事に加えて、在宅でできる仕事を探してみてもいいかも。だけどきっとそういう条件ではない何かがあるのですよね?たとえ週3日であっても、これから関わりたい仕事に関われば次につながる経験になります。

ところで…。
難関試験なら勉強中の息子さんに関わる時間は減ってくるのでは?捉え方によっては時間を短くした週5勤務が可能な気もしました。それと、あなたに対する家族の思いもありますよね。思いのほか外に出て輝いてほしいと思っていたりして。
一度、息子さんを含めて家族にあなたの思いを話してみてはいかがでしょう?今度は家族があなたをサポートしてくれるかもしれませんね。

同じカテゴリのご質問

早坂明美先生のハッピーキャリア相談室 に戻る

あなたの経験や希望に合ったお仕事情報をご紹介

ご登録はWeb上で完了します(来社不要)。また、ご希望条件や職歴等はインタビュー(電話面談)でお伺いします。

お仕事開始までの流れ
  • Career Collection 一人ひとりの働く想い、すべてが”グッドストーリー”
  • IamWithYou 私に前向きな、私でいたい。
  • すべてのご登録者対象 お友達紹介プログラム アデトモ
  • worklife Canvas
  • 障がいをお持ちの方(障害者のためのアデコの派遣サービス)

アデコへの登録はWebで完了!全国多数の派遣求人から、経験や希望に合うお仕事をご紹介します