秘書・セクレタリー

お仕事内容

秘書・セクレタリーはこんな仕事

担当する上司のスケジュール管理や出張手配、社内外との連絡・調整、電話応対、電子メール管理、文書や資料の作成・管理、会議の準備など、さまざまなサポート業務を行います。大きく分けると個人付きとグループ全体のサポート業務を行う場合があります。上司の国籍やポジションによって業務内容や求められるスキルは異なりますが、基本的なビジネスマナーの知識はもちろん、文書作成や通訳などで英語力を求められることも多く、外資系企業では必須となります。外国人上司の場合、文化、風習の教示や住居の手配など、プライベートでのサポートを必要とされることもあります。

求められる経験・スキルは?

Word、Excel、PowerPointの実務経験は必須です。業務経験が重視され、役員クラスは役員秘書の経験を、外国人は外国人秘書の経験を求める傾向にあります。特に、外国人の取締役クラスは、外国人役員秘書の実務経験が必須で、3年~5年の経験年数を問われるケースも。ほかにも外資系企業では、国際秘書検定の米国秘書資格(CPS)や米国プレMBA資格(CAP)を重視する求人もあります。グループセクレタリーの場合は、部内アシスタントや事務経験からステップアップできるケースもあります。パーソナリティとしては、コミュニケーション力や調整力、細かい目配りがポイントとなります。

その他オフィスワーク・事務系の職種

派遣の職種一覧 に戻る

全国の派遣求人多数!アデコが経験や希望に合うお仕事をご紹介します