安全性・学術(メディカル・ヘルスケア系)

お仕事内容

安全性・学術はこんな仕事

安全性情報(以下PV)の業務とは、重篤性・因果関係・新規性など安全性を評価する仕事です。医薬品の「リスク」である副作用について、薬を投与されることで患者に生じる有害事象(副作用など)の情報を集め、薬との因果関係を評価し、どのような患者に特に注意が必要かを評価・報告します。安全に使用してもらうためにも、問題発生を予防する大切な仕事です。この評価結果を収集し、解析することで最終的に医薬品の添付文書の改定等に繋げます。それ以外にも、副作用情報の入手、入力、海外での副作用症例報告の翻訳業務へも派生していきます。
学術とは、医師や薬剤師、自社MR、および一般の方に対して、製品の安全情報や関連文献における最新かつ正確な医薬品情報を提供する専門職です。国内外の文献を集め最新の医薬品・医療情報を収集し、自社製品に関するさまざまな臨床研究で得られたデータを論文化して学会発表などで広めていく仕事です。派遣の仕事では、文献を調べながら医師やMRの問い合わせ対応などがあります。
市販後調査とは、市販された後に使用成績や副作用などの情報を収集して分析、関係者に伝達する仕事です。

求められる経験・スキルは?

海外の症例などを見る機会もあるため、レポートの提出などもあるためビジネスレベルの英語力が必要です。安全性については臨床開発業務経験、学術については、MR経験または薬剤師資格保有者または理系学部を卒業した方が求められます。

その他メディカル・ヘルスケア系の職種

派遣の職種一覧 に戻る

全国の派遣求人多数!アデコが経験や希望に合うお仕事をご紹介します