紹介予定派遣とは?通常の派遣との違いとメリット

派遣社員の働き方のひとつに、「紹介予定派遣」があります。紹介予定派遣は、派遣先の会社に直接雇用されることを前提に派遣される働き方のため、正社員や契約社員を目指す人を中心に注目を集めています。
そこで、通常の派遣との違いやメリットなど、紹介予定派遣について解説します。

紹介予定派遣の特徴

紹介予定派遣は、派遣先の企業に直接雇用されることを前提としています。派遣期間中に、直接雇用の契約を結ぶかどうかを企業と派遣社員がそれぞれ検討し、双方の合意が得られた場合はそのまま直接雇用となります。いわば、派遣期間が試用期間となるわけです。そのため、紹介予定派遣で派遣されたからといって、必ず直接雇用されるとは限りません。

派遣と紹介予定派遣の違い

通常の派遣と紹介予定派遣は、派遣会社を通じて派遣先の企業で働くというスタイルは同じものの、募集の前提条件や派遣期間、派遣前後のルールなどにさまざまな違いがあります。おもな違いとしては、次のようなものがあります。

直接雇用前提の明示

紹介予定派遣の場合は通常の派遣と違い、派遣先の企業は直接雇用を前提にしていることを事前に明示する必要があります。応募する派遣社員側も、直接雇用を前提とした派遣であることに同意したうえで申し込まなければなりません。

就業前の書類選考や面接

通常の派遣では、派遣先の企業と派遣社員が雇用契約を結ぶわけではないため、就業前の書類選考や面接が禁止されています。
一方、将来的に雇用につながる可能性がある紹介予定派遣では、就業前の書類選考や面接が認められています。そのため、事前審査の段階で断られる可能性もあります。

派遣期間

通常の派遣の派遣期間は最長3年ですが、紹介予定派遣では6カ月です。その後、直接雇用についての協議に移ります。
なお、派遣期間中の業務は、派遣契約で定められた業務内容の範囲内で行います。直接雇用が前提でも、派遣契約から逸脱する業務内容や量を指示された場合、派遣元に相談する必要があります。

派遣期間中の直接雇用の可否

通常の派遣では、契約期間中の直接雇用は契約違反となりますが、直接雇用を前提としている紹介予定派遣では、双方の合意のもとであれば、契約期間の途中で直接雇用へ切り替えることも可能です。

紹介予定派遣で働くメリット

紹介予定派遣で働くことは、直接雇用の可能性が高いことが何よりのメリットといえるでしょう。ほかにも、次のようなメリットがあります。

メリット1職場の雰囲気を体感できる

職場の雰囲気や業務内容など、実際に働いてみないとわからないことは数多くあります。通常は事前に知ることができないため、働く前後のイメージで乖離が激しいと、数カ月で離職に至るケースもあります。
その点、紹介予定派遣なら、派遣期間中に業務や職場の雰囲気を体感してから直接雇用契約を結ぶか決めることができますので、満足度の高い転職が可能となります。

メリット2未経験でも挑戦できるケースがある

紹介予定派遣は派遣会社を通してマッチングを行うため、通常では未経験での応募が難しい企業でも、未経験者の応募を受け入れてもらえる場合があります。憧れだった職種への挑戦やキャリアチェンジも可能となり、働き方の幅が広がります。
また、未経験の職種でも、派遣会社の研修やアドバイスといったバックアップがあるため、安心して働くことができるでしょう。

メリット3派遣会社が条件交渉などを代行してくれる

雇用にあたり、雇用形態やそのほかの条件面が希望と違っているなどした場合、紹介予定派遣であれば派遣会社が条件交渉を代行してくれます。個人では伝えにくい条件についても、納得のいく形で直接雇用へと進めるようになります。

メリット4直接雇用を断っても、次の仕事が見つかりやすい

個人で就職活動を行っていると、雇用契約に至らなかった場合、次の就職希望先を一から探し直さなければなりません。一方、紹介予定派遣であれば、派遣先が合わずに雇用を辞退したり、派遣先から断られたりした場合でも、すぐに次の派遣先を見つけてもらえます。

メリット5派遣会社のアドバイスを受けて職場選びができる

派遣先を選ぶ際に派遣会社のアドバイスが得られるため、自分に合った職種や会社が選びやすくなります。「同じ職場で長く働きたいがどのような職場を選ぶべきか悩んでいる」「自分に合った仕事がそもそもわからない」といった人にとっても、紹介予定派遣という働き方はメリットがあると言えるでしょう。

アデコでは、無料のキャリアコンサルティングで個々に合った職業選びをサポートしていますので、自身のスキルや強みを活かせる企業に出合える確率も高くなります。

紹介予定派遣で働く際の注意点

派遣先との直接雇用を希望する派遣社員にとって、紹介予定派遣は魅力的な働き方といえると思います。しかし、いくつか注意しなければならないこともあります。
紹介予定派遣を希望する際には、注意点も見据えて検討することが大切です。

正社員登用とは限らない

紹介予定派遣の条件は「直接雇用」であり、雇用形態の決まりは特にありません。そのため、必ずしも正社員とは限らず、契約社員として雇用される可能性もあります。どのような雇用形態になるのか、時間や経済的な面で生活とのバランスはとれるのかなど、事前に確認しておきましょう。

直接雇用されない場合がある

紹介予定派遣は、派遣期間中の状況を見て直接雇用の最終的な判断を行います。そのため、派遣社員側から断ることがあるのと同様に、企業側から断られ、直接雇用されない場合があることも念頭に置いておく必要があります。なお、断る場合は、企業側も契約社員側も、相手方に理由を伝えることが決められています。

直接雇用時に契約条件が変わる可能性がある

紹介予定派遣でも、派遣期間中の労働時間や賃金といった契約条件は、すべて派遣会社との雇用契約に基づいて行われます。ただし、直接雇用後は派遣先の企業と雇用契約を結ぶことになり、その企業の条件で働くことになるため、場合によっては契約条件が派遣時のものと変わる可能性があります。直接雇用契約を結ぶ前に、しっかり労働条件を確認しておきましょう。

紹介予定派遣は万全の準備をして挑もう

紹介予定派遣は、直接雇用を目指す人はもちろん、そうでない場合であっても、魅力的な派遣のスタイルといえるでしょう。
ただし、企業側はいずれ自社で雇用することを前提に派遣社員を受け入れることから、書類選考や派遣契約のハードルは自ずと高くなります。自身のスキルやアピールポイントをきちんと企業へ伝えられるように、派遣会社のカウンセリングやキャリアコンサルティングを利用して、万全の準備をしておきましょう。準備をしっかりと行えば、契約期間途中の直接雇用の可能性も高まるかもしれません。

アデコの紹介予定派遣についてはこちら

関連記事

お役立ちガイド に戻る

あなたの経験や希望に合ったお仕事情報をご紹介

ご登録はWeb上で完了します(来社不要)。また、ご希望条件や職歴等はインタビュー(電話面談)でお伺いします。

お仕事開始までの流れ
  • #IamWithYou 働くあなたに、いつも寄り添って
  • 働くあなたをいちばん想う、アデコ。
  • お友達紹介プログラム アデトモ
  • CAREER COLLECTION~働く私に、ストーリーが生まれる~
  • 障がいをお持ちの方(障害者のためのアデコの派遣サービス)

全国の派遣求人多数!アデコが経験や希望に合うお仕事をご紹介します