女性に多いインポスター症候群とは?具体的な症状や克服のポイント

しっかりとした実績や実力があるにもかかわらず、なかなか自信が持てない。成功や実績は、偶然か周囲のおかげと思い込んでしまう。常に自分のキャリアを信じることができず、ネガティブな状態に陥ってしまう――あなたの周りに、このような人はいませんか?または、自分自身にあてはまることはありませんか?このような心理傾向は「インポスター症候群」と呼ばれています。ここでは、インポスター症候群にはどのような症状があるのか、また、この心理傾向に陥る原因や克服の方法を併せてご紹介します。

インポスター症候群の症状とは?

インポスター症候群とは、自分の能力や実績を認められない状態を指します。仕事やプライベートを問わず成功していても、「これは自分の能力や実力ではなく、運が良かっただけ」「周囲のサポートがあったからにすぎない」と思い込んでしまい、自分の力を信じられない状態に陥っている心理傾向のことです。

名前の由来は、英語で「詐欺師」や「偽物」といった意味を持つインポスター(Imposter・Impostor)です。インポスター症候群の人は、「自分に能力や実力があるかのように、周囲を欺いている」という感覚に陥っていて、非常に自己評価が低い傾向があります。ネガティブ思考になるだけでなく、必要以上に謙遜したり、自分自身を卑下したりする言動も多いのが特徴です。重要なのは、インポスター症候群は正式な病気ではなく、心理傾向や気質であるということです。しかし、人によってはネガティブな心理傾向が大きな負担となり、ひどくなると精神的・肉体的に限界を迎えてしまい、仕事や生活に支障が出てくるケースもあります。インポスター症候群の具体例には、以下のようなものがあります。

  • 失敗や批判を恐れチャレンジしない
  • 「今は調子が良くても、いつか必ず失敗してしまう」「失敗したら周囲から批判されるに違いない」と思い込み、失敗すると「やっぱり」と感じ、成功しても「偶然成功した」「運が良かった」と結論づけてしまいます。また、失敗を自分のせいではなく、準備不足のせいにできるように、やるべきことを後回しにする傾向もあります。

  • 自信が持てず、自分を過小評価する
  • 成功や実績を運や周囲のおかげと考えてしまうため、実際に成果や実力があったとしても自信につなげられません。常に謙遜するばかりか自分を過小評価する傾向があり、他人から良い評価を受けると重荷に感じたり、不安に思ったりしてしまいます。

     
     

    インポスター症候群に陥る要因は?

    インポスター症候群を発症する原因となりがちな、心理的・文化的要因をそれぞれ見ていきましょう。

    自分は変化しないほうが良いと思い込む心理的要因

    インポスター症候群を発症する人の心理的背景には、無意識に「自分は変化してはいけない(=成長してはいけない)」と思い込んでしまう、ということがあります。この原因としては、次のような経験や心理的負担が挙げられるようです。

  • 自分の成功に対する周囲からのねたみ
  • いじめや仲間外れによる孤独感
  • 失敗したときに周囲から叱られたり、からかわれたりする
  • 成長することで仕事量が増えたり、難度の高い業務を与えられたりすることに対する抵抗感
  • インポスター症候群を発症する人は、上記のような経験や心理的負担が一種のトラウマとなり、「自分は変わらなければ大丈夫」と思い込むことで、ストレスや不安から心を守ろうとしている傾向があるといわれています。

    子供時代の教育方針や、女性の社会進出など文化的要因

    インポスター症候群を発症する人の中には、子供時代の教育方針や、女性の社会進出による社会の変化が原因となっている人もいます。無意識のうちに「目立つよりも、周囲に溶け込んでいたほうが良い」「自分が成功するのは望まれていない」と刷り込まれており、自分の能力や実力に自信を持てないのです。このような心理傾向に陥ってしまう文化的要因としては、次のようなことが挙げられます。

    ・子供のころから「個性」よりも「同調」が求められ、ほかの人と同じように振る舞うよう教育されてきた

    ・自分自身の成功よりも、周囲や組織全体の成功を優先するよう教育されてきた

    ・「女性は女性らしく、家庭的で控え目に」という価値観の人が多い環境で育った、またはそういった環境で働いている

    上記のような文化的要因は、女性のほうが影響を受けやすいという背景もあり、インポスター症候群は特に女性に多いと考えられています。

    インポスター症候群を克服するには?

    最後に、インポスター症候群をうまく克服するための5つのポイントについてご紹介します。

    1 現在に集中して、未来を心配しすぎない

    インポスター症候群に悩む人は、ネガティブな思考にとらわれやすく、未来に対して不安に思ってしまいがちです。将来について考えることは大切ですが、ネガティブな思考に支配されてしまうと心身ともに疲弊し、今、目の前にある物事に集中できなくなってしまいます。仕事・プライベートを問わず、まずは目の前にあることに集中して、周囲からの視線や将来への不安などはシャットアウトしましょう。慣れてくると、今持っている自分の能力や価値にも段々と気付けるようになってくるはずです。

    2 自分にも他人にも完璧を求めない

    「何事もきちんと、完璧でなくてはならない」というプレッシャーを捨てましょう。インポスター症候群の人は、思い描く「成功している自分」と、自信が持てない今の自分とのギャップに悩まされがちです。そのため、「今のままではダメ、完璧になって成功しなければ」と思い込んでしまう人も少なくありません。また、その完璧主義の価値観を、他人にしいることもトラブルの原因となってしまいます。自分も他人も過度なプレッシャーで追い込んでしまうため、どんなことに対しても完璧さは求めないようにしましょう。

    3 自分より優秀だと思う人の中に身を置く

    インポスター症候群を悪化させてしまう原因のひとつとして、「自分に対する過度な期待や責任を持つこと」があります。過度な期待や責任を背負わず、リラックスして物事に取り組めるよう、自分よりも優秀なメンバーの中に身を置くという方法もおすすめです。わからないことや不慣れな仕事に、アドバイスやサポートをしてくれる人のいる環境のほうが、心理的負担を軽くすることができるでしょう。

    4 褒められたら否定せず受け止める

    日本人の場合、褒められてもあえて否定したり、素直に受け止めなかったりする「謙遜」の文化が根付いているため、無意識のうちに自分を過小評価している人は多いようです。無意識の謙遜でも、自分自身を過小評価し続けているうちに、自分の可能性をどんどん狭めてしまうことになりかねません。褒められたときや良い評価をもらったときは謙遜せずに、素直に受け止める姿勢を心掛けることで自分にも自信がつき、段々とインポスター症候群を克服できるようになるでしょう。

    5 小さな目標を立てて達成したら自分をしっかり褒める

    インポスター症候群の人は、自己肯定感が極端に低い傾向があります。これは、日頃から自分を卑下したり、自己否定をしたりすることが癖になっていることもひとつの原因です。そのため、どんなに小さな成功でも、まずは自分を褒めてあげる習慣をつけることが大切です。仕事に限らず、家事や趣味などでも小さな目標や課題を設け、達成できたときには自分を褒めることを繰り返していきましょう。何度も繰り返すうちに、自己肯定力は自然と向上していくはずです。

     

    どんなに小さなことでも自分を褒めてあげることが大切

    インポスター症候群に悩む人は多く、克服するためには自分自身の価値を受け入れ、自己肯定感を高めることが必要です。そのためにも、まずは無理のない範囲で、自分ができることから始めてみることが大切です。少しずつ自己評価を高めるために、「毎日、自分の良かったと思うところを3つ日記につける」といった方法もおすすめです。自己評価の低さや自信のなさに悩まされている人は、自分を褒めてあげる練習から始めてみてはいかがでしょうか。

    関連記事

    お役立ちガイド に戻る

    あなたの経験や希望に合ったお仕事情報をご紹介

    ご登録はWeb上で完了します(来社不要)。また、ご希望条件や職歴等はインタビュー(電話面談)でお伺いします。

    お仕事開始までの流れ
    • #IamWithYou 働くあなたに、いつも寄り添って
    • 働くあなたをいちばん想う、アデコ。
    • 増額キャンペーン実施中 お友達紹介プログラム アデトモ
    • CAREER COLLECTION~働く私に、ストーリーが生まれる~
    • 障がいをお持ちの方(障害者のためのアデコの派遣サービス)

    全国の派遣求人多数!アデコが経験や希望に合うお仕事をご紹介します