コミュニケーションのコツは?派遣先の人間関係を円滑にするための心得

派遣先で働くとなると、正社員や他の派遣社員と上手にコミュニケーションをとれるのか不安に思う人もいるはず。適切なコミュニケーションをとり、良い人間関係を築けるかどうかで、仕事のしやすさや職場の雰囲気も大きく変わってきます。
そこで、派遣社員が円滑な人間関係を築くための心得や、コミュニケーションのポイントについてご紹介しましょう。

派遣先での人間関係を円滑にするための3つの心得

働きやすい環境づくりの第一歩は、職場における円滑な人間関係です。まずは、派遣先での人間関係を円滑にするための3つの心得を見ていきましょう。

1 職場の環境に溶け込む努力をする

会社のルールや文化は、それぞれ異なります。まずはその会社の決まりごとや慣習を受け入れて、環境に溶け込む努力をしましょう。派遣社員だからと線引きをしてしまうと、他の従業員とのコミュニケーションに支障が出てしまうかもしれません。あらかじめ、派遣会社の担当者に派遣先のルールや企業風土について聞いてみるのもいいでしょう。

2 仕事をしやすい関係を築く努力をする

仕事をスムーズに進めやすい人間関係を築くということも大切です。分からないことがあれば質問するといった、コミュニケーションをとりやすい関係を日頃から築いておきましょう。適切な進捗の報告を行う、挨拶やお礼はしっかり伝えるといった毎日の心掛けが、仕事がしやすく話しやすい関係づくりに効果的です。

3 ある程度の距離を保つことも大切

あくまで会社内における人間関係であるため、距離が近くなりすぎることにも注意しましょう。友達のような距離感になってしまうと、本当に言いたいことが言えなくなるなど仕事において妥協や遠慮が発生する恐れがあります。どの従業員とも仕事をするうえである程度の距離感を保つことで、仕事におけるコミュニケーションがスムーズになります。

コミュニケーションをとるうえで気を付けたいこと

仕事や休憩時間の中で、日々さまざまなコミュニケーションをとらなくてはいけない場面が出てきます。ここでは、より良いコミュニケーションをするためのコツを見ていきましょう。

積極的に挨拶をする

出社したら、まずは挨拶を欠かさないようにしましょう。他の従業員に積極的に挨拶をするよう心掛けることで、印象をアップさせることができます。その際、ボソボソとした挨拶ではなく、ハキハキと笑顔で挨拶することが大切です。

ホウレンソウを徹底する

上司やいっしょに仕事をしているチームへのホウレンソウ(報告・連絡・相談)は、欠かさないようにしましょう。また、その際の説明は簡潔かつ明確であることがポイントです。ホウレンソウを徹底することで、自分の仕事のミスや他の従業員との認識の食い違いも防ぐことができます。

噂話や悪口には加わらない

従業員同士の愚痴や噂話には、参加しないようにすることも大切です。愚痴や悪口を言わない姿勢を貫くことで、さまざまな人から信頼が得られます。職場に関する不満があったとしても職場では言わず、家族や友人などに聞いてもらいましょう。
もし、会話中に話題がそのような内容になってしまった場合は、いっしょに盛り上がるのではなく、席を立つなり、率先して言わないようにしましょう。

就業条件は口外しない

同じ雇用形態であるため、派遣社員同士は親しくなる傾向があります。しかし、派遣社員同士であっても、時給をはじめとした就業条件は話題にしないようにしましょう。同じ業務内容でも、キャリアや派遣会社によって、就業条件は異なるためです。

アドバイスを素直に受け入れる

上司や同僚からアドバイスをもらったら、自分のやり方や意見に固執して受け入れないという姿勢はとらないように注意しましょう。印象が悪いだけでなく、頑固な人、融通の利かない人だと思われてしまいます。
また、仕事のミスなどで、謝るべきとは分かっていても、自分の評価が下がることや相手の反応が怖くて謝ることができない…ということもあるかもしれません。しかし、きちんと謝罪やミスの報告をすることは社会人として当然のことです。ミスの大小はあっても、相手や誰かに迷惑や負担をかけているはずですので、謝るべきところはすぐに謝罪しましょう。

自分の意見はしっかり伝える

会議やミーティング中に何か意見を求められても、自分の意見が浮かばない、もしくは、立場上遠慮してしまう…ということはありませんか?一緒に仕事をする仲間として、相手も聞く姿勢をつくってくれるはずです。しっかりと自分の意見をごまかさずに伝えることが大切です。

相手によって態度を変えない

目上の人やそうでない人によって、態度や話し方を変えることもNGです。こうした態度の違いは周囲にも分かりやすく、人間関係を悪くしてしまう原因にもなってしまいます。
また、派遣として長く働いていると、新人の派遣社員が入社することもあります。その場合に質問を受けたりすることもあるかもしれませんが、間違っていても叱ることと怒ることを混同しないようにしましょう。理性を欠いて感情的に怒ってしまっては、肝心の理由が相手に伝わらず、逆効果になる可能性もあります。

会話ではなく雑談が多くなっていないか

コミュニケーションとして会話をすることは大切ですが、その内容にも注意しましょう。テレビ番組や週刊誌のスキャンダルなどの内容ばかりでは、会話ではなく雑談で、品がない人と思われてしまいかねません。友達ではなく、あくまで職場の人との会話であることを忘れないようにしましょう。また、家族や親戚、友人などの自慢話ばかりすることも避け、自己満足な会話になっていないか注意しましょう。もちろん、他の従業員の弱みや過去の話など、他人に知られたくないことを吹聴することもNGです。職場の雰囲気を悪くするばかりか、人間関係の悪化にもつながります。

派遣社員だからこそ自分らしく仕事ができる理由

派遣社員だからといって、仕事やコミュニケーションの場で遠慮しすぎたり我慢したりしていては、自分らしく働けず、ストレスの元になってしまいます。派遣社員だからこそ、業務内容や人間関係におけるメリットがあるという考え方をすることも大切です。
ここでは、派遣社員だからこそ自分らしく働ける理由について見ていきましょう。

契約内容に基づいた労働ができる

派遣社員には、契約に基づいた労働を基本としているため、一つの業務に集中して取り組めるという強みがあります。あくまで雇用の契約と割り切って働くことが、ストレスを溜め込まないためにも大切です。

人間関係に悩まずに済みやすい

派遣社員には、正社員同士ほど近い距離感ではなく、ちょうどいい距離感を保って仕事ができるというメリットもあります。仮に職場に考え方や性格の違う方がいたとしても、その職場で働く期間内の仕事上での関係と考えれば気も楽になりますし、過度に気を使わなくてはならないということもありません。正社員と違い、昇進・昇格や評価を気にして人間関係を我慢したり、ストレスをかかえることが少ないのも派遣のメリットでしょう。

もし困ったことが起きたら派遣会社に相談しよう

派遣会社に登録すれば、必ず担当者がつくこととなります。派遣先の仕事や人間関係に関する悩み、不満があれば、担当者に相談することがおすすめです。アデコでは、派遣社員一人ひとりに対し、専属の担当者としてキャリアコーチがつき、継続的に就業時のサポートをします。困ったことがあれば、一人で悩まずに相談してみましょう。

関連記事

お役立ちガイド に戻る

全国の派遣求人多数!アデコが経験や希望に合うお仕事をご紹介します