仕事にやりがいを見つけて充実した毎日を過ごそう

今の仕事に、やりがいを感じていますか?人生の多くの時間を占める仕事にやりがいを見いだすことは、充実した豊かな毎日を過ごすためにもとても大切です。仕事にやりがいを持てないまま、何となく働くだけでは、モチベーションが保てず、キャリアアップも難しくなってしまうばかりか、心身の疲弊にもつながってしまいます。
そこで、仕事のやりがいとは具体的にどんなものなのか、仕事でやりがいを見つけるためにはどんな方法があるのかについてご紹介します。

仕事にやりがいを持つ意味とは?

仕事にやりがいを持ち、モチベーションを維持することで、日々の充実感を得ることができます。また、やりがいを持ちながら働くことは、自己肯定感も高めてくれるでしょう。
仕事にやりがいを持つことで、自分に自信を持ち、豊かな人生にすることができるのです。

人はどんなときにやりがいを感じるのか

仕事のやりがいは、何によって充実感を得られるのかによって変わってきます。給与にやりがいを見いだす人もいれば、実績にやりがいを持つ人、スキルアップや自己成長によってモチベーションをアップさせてやりがいを感じる人もいます。
ここでは、主にどのようなことがやりがいにつながるのかを見ていきましょう。

  • 高い給与がもらえる
    人により重要度は異なりますが、人が生活するにはお金も重要な要素です。特に、趣味や暮らしにお金をかけたい人や、貯金をできるだけしたいという人にとって、高い給与は大きなやりがいとなります。どれだけハードワークであっても、毎月の給与やボーナスのためにがんばることができる…というタイプの人もいるでしょう。給与にやりがいを求める人には、仕事の成果が給与に結び付きやすい仕事であるほど、モチベーションを高く維持できるといえるでしょう。
  • 成果が認められる
    仕事を終えたときの達成感や、成果が認められたことによる喜びに、やりがいを見いだす人もいます。楽しい仕事ばかりではなく、時にはつらいと感じることがあっても、努力し、熱意を込めて仕事をした結果、目標を達成したり周囲に認めてもらえることが、大きなやりがいにつながるという人も多いはず。売上や成績など、実績が数値化されやすい仕事だと、特に成果が明確に出るため、このタイプの人はやりがいを持ちやすいといえます。
  • 能力が発揮できる
    自分の持つ知識や能力を発揮することが、やりがいにつながるという人もいます。他人と差別化された能力が発揮できることは、その人にとって大きな強みや自信となります。仕事そのものに楽しさを見いだせることができる人も多いのではないでしょうか。特にクリエイティブな職業や知識を活かせる職種、資格が必要となる仕事に従事する人の場合、このようなやりがいを見いだす人が多いでしょう。
  • 人の役に立つことができる
    社内の人や顧客から感謝されたり、頼られたりと、自分が誰かに貢献できていると実感することにやりがいを見いだす人もいます。仕事で苦労することがあっても、「ありがとう」の言葉でモチベーションが保たれる…ということもあるはず。アシスタントやサポート業務、テレオペレーター、接客・販売関連、医療・介護関係など、人のためになる仕事がしたいという人にとっても、重要なポイントとなるのではないでしょうか。
  • 自分が成長できる
    仕事を通じてできることが増えたり、人として成長できたりすることにやりがいを感じるという人もいます。理想とするキャリアプランや、将来のビジョンが明確な人ほど、自己成長を実感しやすいはず。このような人は、「成長するためには何が必要なのか」ということを意識しながら働けるため、仕事に積極的に取り組めるのではないでしょうか。

仕事にやりがいを見つける5つの方法

日々のモチベーションを高めるために、仕事にやりがいを見いだしたい。その場合、どのような方法でやりがいが見つけられるのでしょうか。
ここでは、やりがいを見つけるためにおすすめの5つの方法をご紹介します。

1まずは一生懸命取り組んでみる
中途半端な気持ちやモチベーションのまま働いていては、やりがいを見つけることは難しいでしょう。まずは、手を抜かずに一生懸命仕事に取り組んでみましょう。努力すべきことがあれば、そこに熱意を注いでもよいでしょう。一生懸命取り組んだ結果、成果や達成感、またはその過程にやりがいを見いだすことができるかもしれません。
2楽しめるポイントを探す
仕事の楽しさは、やりがいにも直結します。自分が日々こなしている仕事の中に、楽しめるポイントを探してみましょう。楽しさを発見したら、なぜ楽しいと感じるのか、自分にとってのやりがいにつなげられないかを考えてみることが大切です。
もし、今の仕事に楽しいと感じられるポイントが見つからない場合は、自分はどんな仕事であれば楽しいと感じるのかを考え、働き方や転職を考える際にはそれを追求するとよいでしょう。
3仕事ぶりを見直して改善策を探す
やりがいを感じられないのは、仕事に対する姿勢や取組み方に問題がある可能性もあります。自分の仕事ぶりを振り返り、改善すべき箇所はないか考えてみることも大切です。自分の仕事ぶりを改善したり、仕事との向き合い方をポジティブにしたりすることで新しい視点が生まれ、やりがいを見つけることにつながるかもしれません。
4同じ仕事をしている人と話してみる
「やりがいが見つからない」と一人で抱え込まず、誰かに相談してみることも大切です。同じ仕事をする人の視点を通して、その仕事にほかの人はどんなやりがいを見いだしているのかを知ることも、大きなヒントとなるでしょう。
5仕事以外にやりがいを持ってモチベーションアップ
無理に仕事内容にやりがいを持とうとせず、仕事は仕事と割り切り、ワークライフバランスにおける余暇の部分の充実度を優先する、という人もいるはずです。趣味や資格の取得など、仕事以外のプライベートに重点を置くことも、仕事をするうえでのモチベーションアップにつながります。

転職するのも選択肢のひとつ

今の仕事にどうしてもやりがいを見いだせないという場合は、今の業種や職種が自分自身に合っていないということも考えられます。思い切って転職を視野に入れることも、仕事に対するモチベーションをアップさせるための選択肢といえるでしょう。
転職を考える際には、いきなり転職サイトや求人票を見るのではなく、まずは目指したいキャリアプランや、どんなスタイルで働きたいのか、そしてワークライフバランスについても考えてみることが大切です。

また、給与や福利厚生といった条件面ばかり重視して仕事を選んでしまっても、肝心の仕事内容にやりがいを見いだせない…というリスクがあります。まずは自己分析をしっかり行い、後悔のないように仕事選びをするようにしましょう。

自分の価値観に合う、やりがいある仕事を見つけよう

仕事にやりがいを見いだそうとすることは、仕事に楽しさを感じることや、よいライフスタイルを築くことにもつながります。
今の仕事に自分はどんなやりがいを持てるのか、さらにモチベーションを高めるためにはどんなことができるのか、一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

お役立ちガイド に戻る

あなたの経験や希望に合ったお仕事情報をご紹介

ご登録はWeb上で完了します(来社不要)。また、ご希望条件や職歴等はインタビュー(電話面談)でお伺いします。

お仕事開始までの流れ
  • #IamWithYou 働くあなたに、いつも寄り添って
  • 働くあなたをいちばん想う、アデコ。
  • お友達紹介プログラム アデトモ
  • CAREER COLLECTION~働く私に、ストーリーが生まれる~
  • 障がいをお持ちの方(障害者のためのアデコの派遣サービス)

全国の派遣求人多数!アデコが経験や希望に合うお仕事をご紹介します