疲れているときこそ体を動かそう!アクティブレストのすすめ

しっかり休養をとっているのに、なかなか疲れが取れないという経験はありませんか?実は、疲労の種類によっては、家でじっと休むだけでは疲れを解消することが難しいのです。そこで注目を集めているのが、アスリートも実践している「アクティブレスト」という休養方法です。これは、ただ安静にして体を休ませるのではなく、あえて体を動かして疲れを解消するという方法です。
ここでは、なぜ普通の休養では疲れが取れないのか、またアクティブレストとはどのような休養方法なのかをご紹介します。

疲れが取れないのは、運動していないせい?

立ち仕事やデスクワークのような静的な作業を毎日長時間行っている場合、姿勢をキープするため、筋肉は同じ部分だけが継続的に使われています。その結果、一部の筋肉に慢性的な疲労が溜まり、肩こりや腰痛、だるさなど、さまざまな不調の原因となる「硬化」を引き起こしやすくなるのです。筋肉が硬化すると血の巡りも停滞しやすくなり、体に老廃物が蓄積するようになってしまいます。

そのような状態の中、まったく体を動かさずに休養するだけでは、筋肉の硬化は改善されず、血の循環も良くなりません。適度に体を動かして筋肉をほぐし、全身の血の巡りを良くして、酸素や栄養が体全体に行き届くようにする必要があります。そこでおすすめなのが、アクティブレストなのです。

アクティブレストとは?

アクティブレストとは、疲労時にあえて軽く体を動かすことで血流を改善させ、疲労物質を効率的に排出させる休養方法です。「安静・休養・睡眠」などの消極的休養(パッシブレスト)に対して、「積極的休養」とも呼ばれています。

アクティブレストは、元々はスポーツ選手が翌日まで疲れを残さないために生まれた疲労回復法で、運動後に軽く体を動かすクールダウンもアクティブレストのひとつです。疲労の蓄積予防だけでなく、新陳代謝を促進して体をリフレッシュさせることで、次の練習や試合に備えられるというメリットもあります。また、心身に負担の少ないひとつのことに集中することで、リラックス効果も期待できます。このようなアクティブレストのメリットは、スポーツ選手だけでなく、仕事などによる疲労が蓄積されている人にも効果があるとして注目を集めているのです。

アクティブレストの効果

アクティブレストの具体的な効果は、おもに次の3つに分けられます。

1 血流改善による疲労物質の排出

アクティブレストでは、息が上がらない程度の軽度の全身運動を行うことで、呼吸循環器系を刺激していきます。体全体に酸素と筋肉が行き届きやすくなる上、疲労物質もきちんと排出されるようになるため、筋肉痛をスムーズに解消したり、硬化した筋肉を効率的にケアしたりすることができるようになるのです。

人の全身には、動脈や静脈といった血管が張り巡らされています。動脈や静脈は、筋肉のポンプ機能によって動き、酸素や栄養を運ぶ「動脈血」や二酸化炭素や老廃物を運び出す「静脈血」といった血液を循環させているのです。
つまり、疲労や硬化によってポンプの役割を持つ筋肉の動きが鈍くなると、静脈血によって運び出されるべき老廃物や疲労物質が、体内に停滞しやすくなってしまうのです。その結果、筋肉痛やむくみ、だるさといった症状を引き起こします。
筋肉を刺激するアクティブレストでは、この大静脈の血流も改善できるため、老廃物の体内への蓄積を防ぐことができるのです。

2 継続的な運動による代謝アップ

アクティブレストを習慣化すれば、継続的に軽い運動ができるようになります。その結果、代謝の向上も期待できるでしょう。軽めの運動でも、何もせずにいるよりも確実にカロリーは消費され、運動不足解消には十分効果があります。
アクティブレストは、1日10分程度の軽い運動で実践できるため、忙しい人や運動が苦手な人でも取り組みやすいというメリットがあります。急にジムやスポーツクラブに通う必要もないため、モチベーションを保って習慣化しやすいでしょう。

3 イライラやストレスの改善

「幸せホルモン」とも呼ばれる「セロトニン」は、心のバランスを保つ役割を持つ神経伝達物質です。このセロトニンが不足すると自律神経のバランスも乱れやすくなり、ストレスを感じたり不眠などの不調に陥ったりしやすくなります。
アクティブレストのような軽度の運動は、この不足したセロトニンを分泌させる効果もあります。自律神経のバランスが整い、イライラやストレスを解消する効果も期待できるのです。

具体的なアクティブレストの方法

アクティブレストを実践する際のコツは、次の3点を満たす運動を選ぶことです。

  • 息が上がるほどハードではない
  • 気軽に続けられる
  • 心地良いと感じる
  •  

    きついと感じるほどの運動をすると、反対にストレスとなり、疲労がさらに溜まってしまうリスクがあります。
    アクティブレストは、体が程良く温まり、心身ともに心地良さを感じられる程度の運動にとどめることが大切です。

    ここからは、具体的なアクティブレストとして、どのような運動があるのかご紹介します。

    ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動でのアクティブレスト

    全身を動かす有酸素運動にはさまざまな種類がありますが、アクティブレストでは息が上がらない程度の軽いウォーキングやジョギングがおすすめです。
    運動に対する負荷の感じ方には個人差があるため、余裕を持って続けられるテンポやリズムを意識しながら取り組んでみましょう。

    全身を水に浸けるアクティブレスト

    プールや入浴など、水に全身を浸ける方法も効果的です。浮力によって筋肉の緊張が緩和されるだけでなく、水圧で全身の血行も促進されます。
    プールでは無理に泳ぐ必要はなく、軽く水中ウォーキングをするほか、ただ浸かっているだけでも効果が期待できるでしょう。
    普段、お風呂はシャワーだけという人は、きちんと湯船に入るようにすると効果的です。心地良さを感じるためにも、38~40℃の少しぬるめのお湯に、ゆったりと浸かります。
    入浴で一時的に体温が上がるため、質の良い睡眠にもつながり、しっかりと体を休ませることができるでしょう。

    仕事中にできるアクティブレスト

    アクティブレストは、通勤中や仕事中にも実践できるものが多くあります。
    いつもより積極的に体を動かし、筋肉を伸ばすことを意識して、同じ姿勢を続けて筋肉が凝り固まってしまう状態を防ぎましょう。

    ・30分ごとに背伸びする

    デスクワークに集中していると、長時間前傾姿勢となりがちです。背中や腰の広範囲の筋肉が緊張して、血の巡りも悪くなってしまいます。
    そこで、30分おきに椅子に座ったまま大きく伸びをしたり、立ち上がってトイレに行ったりするなど、少しでも体を動かす習慣をつけてみましょう。

    ・積極的に階段を使う

    ウォーキングやストレッチの時間がなかなか取れない日は、エスカレーターやエレベーターをなるべく使わず、積極的に階段を使うようにしましょう。下半身の筋肉を使うことで、血流改善効果が得られます。

    ・普段より10分程度長めに歩く

    退勤時はいつもより遠回りしてみる、1駅手前で降りて歩くなど、歩く距離を長めにしてみることもおすすめです。スマートフォンの万歩計アプリなどを使って歩数や歩行距離を記録すると、日々のモチベーションアップにもつながります。
    まずは、普段の1日の歩数よりも1,000歩(10分程度)多めに歩くことを目標にしてみましょう。

    自宅でできるアクティブレスト

    自宅でできるおすすめのアクティブレストはストレッチです。
    疲労が溜まると、筋肉が張って痛みや違和感が生じたり、関節がうまく動かせなかったりといった症状が現れます。ストレッチで筋肉をじっくりと伸ばすことで血行も良くなり、筋肉の張り解消や、関節の可動域を広げることができるでしょう。
    ストレッチは、呼吸を止めずに体を伸ばしていき、気持ちいいと感じる部分でキープすることがポイントです。

    散歩やショッピングもアクティブレストの一環

    精神的にも疲労が溜まっており、極力運動したくないという日もあると思います。
    そのようなときは無理をせず、散歩やショッピングなどでリフレッシュする方法でも良いでしょう。軽く外を歩く程度のことでも、アクティブレストの効果は期待できます。

    日々の休養にアクティブレストを取り入れてみましょう!

    日々の立ち仕事やデスクワークを続けていると、無意識のうちにも筋肉に疲労が溜まっているものです。休養しているにもかかわらず、だるさや重い肩こりなどが解消されない場合は、アクティブレストを取り入れることで解決できるかもしれません。
    仕事ではパフォーマンスを高く保ち、休日も充実した時間を過ごせるよう、適度に体を動かして疲労を解消するアクティブレストを実践してみてはいかがでしょうか。

    関連記事

    お役立ちガイド に戻る

    あなたの経験や希望に合ったお仕事情報をご紹介

    ご登録はWeb上で完了します(来社不要)。また、ご希望条件や職歴等はインタビュー(電話面談)でお伺いします。

    お仕事開始までの流れ
    • #IamWithYou 働くあなたに、いつも寄り添って
    • 働くあなたをいちばん想う、アデコ。
    • お友達紹介プログラム アデトモ
    • CAREER COLLECTION~働く私に、ストーリーが生まれる~
    • 障がいをお持ちの方(障害者のためのアデコの派遣サービス)

    全国の派遣求人多数!アデコが経験や希望に合うお仕事をご紹介します