銀行・信託銀行業務

お仕事内容

銀行・信託銀行業務はこんな仕事

銀行業務は、銀行/信用金庫/信用組合/農協など金融機関で預金、貸出、為替を扱う業務です。就業場所は主に支店業務・本部事務・事務センターがあり、支店業務はテラーや後方事務、ロビー案内などの業務と、集金や投資信託の販売をメインとした業務があります。本部事務は、管理系部門にて各支店のデータ集計・分析、その他サポート業務を行います。事務センターでは口座開設などの支店事務を集約化した業務のほか、外国為替・ローン事務など専門分野に特化した業務があります。外資系銀行は送金、金融貿易事務、円決済を行う業務がメインとなります。そのほか書類作成や法人向け融資、為替トレーディング業務もあります。
信託銀行業務は、顧客から預かった土地や株式などの資産を管理・運用する業務です。株式や債券といった金融商品を扱う部署と不動産関連の部署があり、それぞれの業務に関する知識や経験が問われます。派遣社員の業務においては、データの照合などが中心となります。外資信託銀行であっても、顧客は日系(法人・個人)のため、資料や契約書では日本語を使用するケースがほとんどです。国内信託銀行での業務経験と、英語力が有る方であれば、外資信託銀行業務へシフトすることでステップアップができます。

求められる経験・スキルは?

最大のポイントは金融業務の経験。専用端末の操作経験が問われることがあります。資格はあまり重視されず、過去の業務内容や経験が求められています。また取引内容入力など、高額なデータの入力業務では正確性が強く求められます。銀行業務においてOAスキルはあまり重視されませんが、アシスタントやセクレタリー業務を含む場合は、WordやExcelの実務経験が必要となります。信託銀行ではPCの使用頻度が高いためOAスキルは必須となり、WordやExcelのほかPowerPointも使うことがあります。また、英文読解力が必要となります。業務によっては、証券外務員、CFP、AFP、CAP、さらに宅建などの資格をお持ちの方は歓迎されます。

その他金融系の職種

派遣の職種一覧 に戻る

全国の派遣求人多数!アデコが経験や希望に合うお仕事をご紹介します