夏のお弁当づくりは要注意!傷みにくいおかずと避けるべきNG食材

夏は気温や湿度が高く、食材が傷みやすい季節です。作ってから食べるまでに時間が空くお弁当や作り置きの食事は、菌の繁殖による食中毒に注意しなくてはいけません。
職場でのランチに、お弁当を作って持っていく人は多いと思います。また、自分用ではなくても、子供にお弁当を持たせたり、家族のために料理を作り置きしたりする機会もあるでしょう。
そこで、夏のお弁当づくりで気を付けたいポイントと、暑い日におすすめの傷みにくいおかず、避けておきたいNG食材をご紹介します。

食中毒菌が繁殖しやすい日本の夏

食中毒の原因になる菌の多くは、25~37℃で最も活発に繁殖します。また、食中毒菌は、湿気のある環境を好むタイプが多いです。日本の夏は気温が高く、加えて湿度も高いため、食中毒菌が非常に増えやすい環境といえます。
そんな時期に、作ってから食べるまで時間がかかるお弁当は、傷んだり食中毒の原因になったりしないか、心配する人は多いでしょう。しかし、しっかりと対策をすれば食中毒のリスクを減らすことができます。真夏だけではなく、気温が高くなり始めたら気を付けておきたいですね。

夏のお弁当づくりの注意点

暑い時期や湿気の多い時期にお弁当を傷みにくくし、食中毒を予防するにはどうすればいいでしょうか。具体的な注意点を見ていきましょう。

 

お弁当箱と食器、調理器具はよく洗って熱湯消毒を

食材にふれるお弁当箱や食器、調理器具はよく洗います。お弁当箱のパッキンなど、取り外せる部品は外して隅々まで洗い、最後に熱湯をかけて消毒しましょう。
消毒の後は清潔な布巾で拭いて、風通しの良い場所で乾かします。口に入っても問題のないタイプのアルコールスプレーがあれば、吹き付けておくのも効果的です。

素手でおかずを詰めない

人間の体には、たくさんの雑菌がついています。特に、手はいろいろなところをさわるので、雑菌がつきやすい部位。調理の前にはしっかりと手を洗い、キッチンタオルや清潔な布巾で水気を拭き取ってください。できるだけ素手で食材にふれるのは避けて、清潔な菜箸を使いましょう。おにぎりを握る際は、ラップを使うのがおすすめです。

おかずは中までしっかり加熱する

細菌の多くは熱に弱いので、食材の中心までしっかりと火を通しましょう。75℃以上で、1分以上加熱するのが目安です。ハムやかまぼこ、ちくわなど、加熱しなくても食べられる食品であっても、夏場は一度加熱して、冷ましてから入れたほうが安全です。

ご飯やおかずは冷ましてから詰める

十分に冷めていないご飯やおかずを詰めると、お弁当箱の中に水滴がつきます。湿気たっぷりの空間は細菌にとって繁殖しやすい環境なので、お弁当が傷む原因になってしまいます。
調理時間は冷ます時間も計算に入れておき、しっかり冷ましてから詰めましょう。

持ち運び時には保冷剤や保冷バッグを活用

食中毒菌は25℃から繁殖が活発になりますが、10℃以下になると増殖が抑えられます。冷蔵庫は0~10℃に設定するように定められていますから、お弁当の保管にぴったりです。菌を繁殖させないために、職場に着いたらお弁当は食べるまで冷蔵庫に入れておくといいですね。
しかし、屋外でお弁当を持ち歩いているときは、どうしてもバッグの中が高温になってしまいます。気温が25℃を超えるようなら、いくつか保冷剤を添えましょう。保冷剤には水滴がつくので、タオルやハンカチなどで包んで入れてください。保冷バッグに入れておけばさらに万全。職場に冷蔵庫がないときにも、保冷バッグが冷蔵庫の代わりになります。

できれば食べる直前に再加熱を

職場に電子レンジがあれば、食べる前にお弁当を加熱し直すのがベストです。電子レンジはマイクロ波加熱で食品を温めますが、マイクロ波と加熱によって食中毒菌を殺菌することができます。
電子レンジは温めむらが起こりやすいので、しっかりと全体を加熱できるよう注意しましょう。お弁当箱が電子レンジに対応しているか、確認してから利用してください。

夏のお弁当には入れないで!傷みやすいNG食材とおかず

食中毒を予防するためには、お弁当のおかずの詰め方や持ち歩き方に注意が必要ですが、傷みやすい食材を入れないことも大切です。
ここでは、夏場のお弁当には避けたいNG食材をご紹介します。

 

混ぜご飯

たくさんの具材が入った混ぜご飯は傷みやすいので、夏のお弁当にはおすすめできません。
味に変化が欲しければ、ご飯にあらかじめ混ぜるのではなく、ふりかけや常温で保存できる海苔などの乾物を、別に持っていくことをおすすめします。

生野菜・果物

彩りとして入れたくなるかもしれませんが、加熱しない生野菜や果物を夏場のお弁当に入れるのは危険です。元々、水気が多いのに加え、時間が経つと中の水分がどんどん出て、食中毒菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。
ちなみに、ミニトマトなら夏場のお弁当に入れても安心です。入れる場合はへたを取り除いてしっかりと洗い、水分を十分拭き取ってからにしましょう。切ってしまうと水分が出るので、丸ごと入れてください。

半熟卵

とろっとした黄身がおいしい半熟卵ですが、完全に火の通っていない卵を、夏場のお弁当に詰めるのは非常に危険です。卵は、食中毒の原因になるサルモネラ属菌が付着・繁殖しやすいのです。卵をおかずに使用する場合は、中までしっかりと火を通すようにしてください。

煮物

煮物は汁気が多いので、夏場のお弁当に入れるには適しません。特に、じゃがいもや里芋などの芋類は、でんぷんが多く傷みやすいので要注意です。どうしても入れたい場合は、かつお節やすりごまなどと和えて、汁気を吸わせるようにしましょう。

夏にぴったり!傷みにくいお弁当のおかず

では、夏のお弁当にはどんな食材やおかずが適しているのでしょうか。NG食材を避けて、傷みにくいおかずを中心に詰めるのが夏のお弁当の鉄則です。
傷みにくくて夏のお弁当にぴったりな食材・おかずをご紹介します。

からあげ

高温で中までしっかりと火を通す揚げ物は、傷みにくいメニューのひとつ。その中でもからあげは、お弁当の定番ですね。からあげのほかにも、エビフライや天ぷらなども、夏のお弁当のおかずにおすすめです。
ただし、揚げ物の中でもポテトコロッケは、NG食材の説明でもふれたとおり、具材のじゃがいもが傷みやすいので、避けるようにしましょう。

抗菌作用の強い調味料・食材で味付けしたおかず

お酢、わさび、生姜、梅干しなど、抗菌作用の強い調味料や食材で味付けをすると、菌の繁殖を抑えることができます。野菜を入れたいなら、生野菜ではなくピクルスやマリネにするといいでしょう。
「出前総研」が2018年8月に行ったアンケート調査によると、夏に食べたくなる味付けの1~3位は「さっぱり」「辛い」「すっぱい」だそうです。酢を使ったピクルスやマリネは、夏バテ気味の暑い時期に食べたい味としてもぴったりですね。お弁当に入れるときは、汁気を十分に切ってから詰めてください。

いつもより少し濃いめに味付けしたおかず

塩分や糖分が多いと、塩や砂糖が食材の水分を吸って食中毒菌が繁殖に使える水分が減るため、傷みにくくなります。保存食として、塩漬けや砂糖漬けが作られるのと同じ原理ですね。夏場のお弁当に詰めるおかずは、いつもより濃いめの味付けにしてみてください。
とはいえ、あまりに塩分や糖分が多いおかずを食べ続けるのは体に悪いので、その点は注意しましょう。

汁気の少ないきんぴら

NGおかずとして汁気の多い煮物を挙げましたが、和風の味付けのおかずを入れたいならきんぴらがおすすめです。ぴりっと唐辛子を利かせれば、夏バテで食欲が落ちているときの、食欲増進効果も見込めるでしょう。

お弁当による食中毒は少しの工夫で防げる!

食品が傷みやすい夏場のお弁当づくりは、いつも以上に気を付けなければいけないことがたくさんあります。しかし、ちょっとした工夫と注意で、食中毒のリスクを大きく減らすことができます。お弁当づくりだけではなく、普段の食事の調理にも同じことがいえます。
一番大切なポイントは、少しでも「変だな」と感じたら食べないこと。気を付けていても食品が傷んでしまうことはあります。もったいないと思うかもしれませんが、食中毒予防のためには必要なことです。

関連記事

お役立ちガイド に戻る

あなたの経験や希望に合ったお仕事情報をご紹介

ご登録はWeb上で完了します(来社不要)。また、ご希望条件や職歴等はインタビュー(電話面談)でお伺いします。

お仕事開始までの流れ
  • Restart Safely
  • 増量キャンペーン実施中 お友達紹介プログラム アデトモ
  • CAREER COLLECTION~100人100キャリア~

全国の派遣求人多数!アデコが経験や希望に合うお仕事をご紹介します