すぐに使えるビジネス英語 メール-敬辞編

英語で書くビジネスメールの一般的な構成の中で、 敬辞について学びます。

英語で書くビジネスメールの一般的な構成は、敬辞(Salutation)、あいさつ(Greeting)、本文(Body)、末文・結辞(Conclusion and Closing)となります。

QUIZ青山さんは、ABC Corporationに英語でEメールを書くことになりました。ABC CorporationにEメールを送るのは、今回がはじめてで、ホームページに掲載されている、問い合わせ窓口のメールアドレスに送ります。この場合、Eメールの書き出しにもっともふさわしい敬辞はどれでしょうか。

  • A.Dear Info,
  • B.Dear Mr. Smith,
  • C.Dear ABC Corporation,
  • D.Dear Sir or Madam,

正解 D

文頭では必ず、冒頭のあいさつである敬辞を用います。今回のように、メールを送る企業の担当者と面識がない場合は、"Dear Sir or Madam,"を用います。面識のない相手に会社として正式な連絡・依頼を行う場合、相手の役職が高いと想定される場合など、よりフォーマルな場合には、"To Whom It May Concern:"を用いるとよいでしょう。

そのほかの選択肢についての解説

A:メールアドレスのアカウントの“Info”(「information」の意味)を引用していますが、特定の人物を指すものではありませんので、敬辞には用いません。

B:今回は、メールを送る相手の名前がわからない、というシチュエーションなので、名前は入ることはありません。

C:間違いやすい表現です。Cの場合、ABC Corporationに在籍する全員にあてたメールということになるため、適切ではありません。

ポイント

通常、敬辞の文末にはコンマ(,)を用いますが、よりフォーマルな場合には、コロン(:)を用いることもあります。

Let’s Practice! 送信相手に適切な敬辞を組み合わせましょう

メールの宛先から送信相手を想定し、適切な敬辞を(A)~(E)より選択してください。

メールの宛先
  • To: resume@abc-corporation.comの場合
  • To: john.smith@abc-corporation.comの場合
  • To: customerservise@abc-corporation.comの場合
  • To: victoria.white@abc-corporation.comの場合
  • To: corporateaffairs@abc-corporation.comの場合
  • (A)Dear Mr. Smith,
  • (B)Dear Ms. White,
  • (C)Dear Human Resources Director:
  • (D)To Whom It May Concern:
  • (E)Dear Customer Service Representative:
回答
1-(C) 2-(A) 3-(E) 4-(B) 5-(D)
  • 5. corporate affairsについて:これは、直訳すると「会社・企業の業務」という意味で、経営に関わる業務を担当する部門名として用いられます。そのため、よりフォーマルな場合に用いる(D)が適当です。
&English 英語スキルを生かして働こう 詳しくはこちら

関連記事

お役立ちガイド に戻る

あなたの経験や希望に合ったお仕事情報をご紹介

ご登録はWeb上で完了します(来社不要)。また、ご希望条件や職歴等はインタビュー(電話面談)でお伺いします。

お仕事開始までの流れ
  • お友達紹介プログラム アデトモ
  • CAREER COLLECTION~100人100キャリア~

全国の派遣求人多数!アデコが経験や希望に合うお仕事をご紹介します