在宅型コールセンター

コールセンターのアウトソーシングは、在宅勤務でも対応可能です。
ポストコロナ時代(その他災害)においても、コールセンターを安定的に継続・維持することが可能です。

在宅型コールセンターとは

クラウド型のコールシステムを活用することで、執務室で行っているコールセンターを在宅勤務に切り替えて運営することが可能です。
国土の広い欧米では、既に在宅型コールセンターが主流となっています。

業務の継続性(BCP)

物理上クラスターが発生しないため、ポストコロナ時代においても安定的に業務の継続が可能です。

コストパフォーマンス

従来の執務室型に比べ、初期費用や執務室費等の維持費が抑制できます。

安定的な人材確保と定着

全国規模での採用が可能なため、安定的な人材確保と高い定着率が期待できます。

アデコなら、クラウドシステムを活用した
「在宅型コールセンター」の運営が可能です

サービス一覧

パターン1フルリモート
~すべてのブースを在宅型コールセンターに切り替える~

クラウド型コールシステムを活用し、貴社に合ったフルリモートのコールセンターを立ち上げます。 在宅でも、Web上で混雑具合を確認したり、対応内容をヒヤリングするなど、従来型のセンター運営と同じ業務を行えます。

 Point 

  • 地方採用による人件費を抑制、かつ執務室の費用が不要
  • 転勤等によるコミュニケーターの離職が低下し、応対品質を維持・向上
  • ポストコロナ時代に物理上クラスターが発生せず、継続して業務可能

パターン2従来型+リモート
~執務室型と在宅型をハイブリッドで活用~

従来型とフルリモートの両方を活用し、交代制でコールセンターを運営する手法です。
リモートについても、スモールスタートでトライアルを行うことができます。

グループA グループB グループC
1週目 出社 在宅 在宅
2週目 在宅 出社 在宅
3週目 在宅 在宅 出社

 Point 

  • 執務室を狭くして運用できるため、居室コストを抑制可能
  • 従来型の運営ノウハウを活用でき、コミュニケーターの早期育成やES向上に伴う応対品質を維持・向上
  • 既存のコールセンターの一部分から、トライアルでスモールスタートが可能

サービスフロー

Step1課題・ニーズのヒアリング

実績のある担当者が対応します。

Step2導入プラン・お見積りを提出

弊社から、テレワーク化へ向けたプランと概算お見積もりをご提示します。
ご了承いただけましたら、基本契約を締結します。

Step3業務分析・立上げ準備

スーパーバイザーを貴社に配属し、業務分析および立上げ準備を実施します。

Step4仕様書作成・締結

仕様書に落とし込み、業務提携が完了します。
その後、スタッフの受け入れを行い、研修を実施します。

  1. 運営スタート 課題のヒヤリングから、約2~3か月半で運営スタートが可能です。

対応職種

下記業務について、貴社のご要望に合わせた対応をいたします。

  • カスタマーサポート
  • テレマーケティング(アウトバウンド)
  • 代理店サポート
  • ヘルプデスク

アデコの実績

アデコのコールセンター アウトソーシングサービスの導入実績です。

  • 「在宅型コールセンター」ではなく、従来型のコールセンターの実績です。
企業・業種
業務内容
業務概要
SV
(人)
Staff
(人)
大手通信 代理店向けサポートセンター
  • 代理店取次ぎの各種サービス問い合わせ対応
  • 社内営業担当・他部署からの問い合わせ対応
11 144
大手通信 カスタマーセンター
  • ケーブルテレビ事業者に提供する各種サービス全般の問い合わせ対応
17 270
レンタカー 契約センター
  • 旅行予約・照会・変更・取消受付
  • 各種発券
  • 通販発送
14 200
大手電力 カスタマーセンター
  • 電気・ガス・熱供給・水道の問い合わせ対応
12 160
エネルギー ITサポート・ヘルプデスク
  • ヘルプデスク他の事務処理
5 22
住宅設備 問い合わせ受付センター
  • エアコンに関する修理の問い合わせ
  • コールセンターでの受付業務
5 25
サービス カスタマーサポートセンター
  • テクニカル・ユーザーサポート
10 70

FAQ

テレマーケティング・コールセンター に戻る

人材に関するお悩みがございましたらお気軽にご連絡ください