キャリアコーチ体制

専任担当者が派遣社員一人ひとりをコーチング 適材適所とモチベーションの維持を通じて、質の高い派遣サービスの提供を実現します。

キャリアコーチ体制により派遣社員のスキルを高め、貴社のビジネスに貢献します

アデコでは、派遣社員のパフォーマンス向上とキャリア開発を目的に「キャリアコーチ体制」を敷いています。キャリアコーチ体制の最も大きな特徴は、派遣社員一人ひとりに、専任のキャリアコーチが担当としてつくことです。キャリアコーチは、求職者が適職に就業することを支援し、そのキャリアコーチが就業中の派遣社員を継続的に支援。業務の中でよりモチベーションを高め、スキルアップできるように、それぞれの志向に合わせてコーチングしていきます。派遣社員自身が就業先となる職場で実力を発揮し、仕事のパフォーマンスを上げることで、本人の市場価値向上を目指すとともに、派遣先となる貴社のビジネスに貢献します。

アデコは、「キャリアコーチ体制」によって派遣社員の満足度と信頼感を高め、長期にわたり彼らのパートナーとして選ばれる会社になりたいと考えています。それにより、さまざまな業種、職種において多くの候補者から、より優秀で貴社のニーズに沿った派遣社員をご紹介することが可能となります。就業中はキャリアコーチが派遣社員の悩みをケアし、スキルアップに向けてコーチングを行うため、パフォーマンスや定着率の向上が期待できます。

キャリアコーチ体制とは

アデコのキャリアコーチ→派遣社員…継続して支援 求職中:一人ひとりの価値観に寄り添い、適職に導く 就業中:適切なサポートとコーチングでモチベーションを高める アデコの営業→派遣先企業…職場課題を把握し、適切な人材活用をご提案 就業中の適切な情報共有 キャリアコーチ⇔営業…密に連携、情報共有

キャリアコーチ体制によるメリット

POINT1精度の高いマッチングが実現

キャリアコーチは職種ごとの担当に分かれ、派遣社員の希望職種に応じた専任担当となります。そのため、キャリアコーチは職種別の詳細な人材情報と、企業からの求人情報の両面を把握しています。この体制により、アデコでは精度の高いマッチングを実現できます。

POINT2ご紹介までの時間を短縮

キャリアコーチは、自身が担当する求職者と蜜にコミュニケーションをとり、リアルタイムに状況を把握しています。そのためご依頼に対してタイムリーに適した人材のご紹介が可能です。

POINT3派遣社員のパフォーマンスが向上

キャリアコーチの使命の一つは、派遣社員の働く意欲を高めることです。派遣社員が職場で求められている役割やアクションを共有し、その実現・実行をサポートします。周囲の期待に応えることは、自身にとっての仕事のやりがいとなり、パフォーマンスの向上につながります。

POINT4派遣社員の定着率が向上

キャリアコーチは、一人ひとりの価値観に寄り添い、スキルアップだけではなく、長期的なキャリアプランに基づくサポートを行います。それにより、派遣社員はより安心して働けるようになり、定着率の向上につながります。

段階的なキャリアデザイン形成をサポートするキャリア開発

アデコではキャリアコーチ体制のほか、派遣社員の自律的なキャリア開発促進のために、『キャリアデザインセミナー』を実施しています。自己の棚卸しから強みを再発見し、「なりたい自分」になるためのヒントが得られることで、自律的なキャリア開発につながることを目指しています。

このセミナーは、「入門」で“キャリアデザインとは何か”を知り、「実践」で、①ライフラインチャート~自己の棚卸し→②自分の「強み」をさらに伸ばす→③キャリアプランを作成する、に分けて、キャリアデザインを段階的に描けるようになっています

受講した派遣社員の声

  • 自分のことを知るきっかけができたので、また日常のなかでも意識してみようと思います。
  • もっとこうなりたい、こうしたいと思っても手のつけかたがわからないでいるので研修・セミナーがあるのはうれしいです。
  • とても勉強になりました。今日をきっかけにもっと真剣に自分と向き合ったりキャリアデザインについて考えてみようと思いました。

サービス担当者からのメッセージ

プロフィール
キャリア開発本部
キャンディデート・キャリアマネジメント部 部長
小久保 貴義

「キャリアコーチ体制」は、アデコが働く人から選ばれる会社になることで、さまざまな人材ニーズに応えていこうとする、同業他社にはない画期的な試みです。専門職種ごとにモチベーションの高い派遣社員を育成する体制を強化し、さらなる価値提供につなげたいと考えています。

キャリアコーチのサポート事例

派遣社員が自らキャリアプランを描けるようサポートしたことで、モチベーションをアップさせ離職を防止

派遣社員プロフィール

Aさん 派遣社員歴:2年
ビジネスに関わる資格の所持は無し

一般事務:サービス業で接客業務を中心に正社員として約4年勤務。その後アデコに派遣登録。
現職場は2社目で、いずれも業務は一般事務。

派遣社員の課題

  • ルーティンワークが主な業務で、モチベーションが上がらない
  • 自身の求めるキャリアとギャップがあり、本人は契約更新に後ろ向き
  • 収入アップも図りたいので別の職場を検討したい

キャリアコーチによるサポート

面談のほか、メールを活用し頻繁にコミュニケーション 仕事観や人生観を洗い出し、課題共有・目標になる情報を提供 自らがプランを描けるよう促し、モチベーションアップに

現職場ではルーティンワークが中心であり、契約更新に後ろ向きで、別の高時給の職場へ目が向きがちだった彼女。そこで、まず詳細に分けられた職種別の時給が分かる「キャリアマップ」を見せ、現状の職種における平均時給について納得してもらいました。

次に、求めるキャリアアップや収入を得るにはどうすればよいかを一緒に考えていくことに。目指したいキャリアにはどんな経験が必要で、現実的にどういうルートで進めていくのか、段階を追ってカウンセリングしていきました。すると、将来目指すキャリアプランを、彼女自身で描けるようになりました。

そのキャリアプランのための情報を提供することで、いつまでに、何をしたらよいのかなど、明確な目標ができました。結果としてモチベーションが上がり、今すぐ転職するよりも必要とされる間は、今の職場で働きつつ、長期的な目線でスキルアップを目指すという選択をされました。

お客様の評価と派遣社員の声

キャリアコーチ
廣兼 真紀

今後のキャリアプランが明確になったことで、現在の仕事に対するモチベーションもアップ。サポート内容については現職場には伝えていませんが、本人の働きぶりも評価され、時給も上がりました。

派遣社員の方も「ここでできるだけ頑張っていきたい」という気持ちが大きくなり、“できるだけ長く働いてもらいたい”という企業様のご要望に応えることができました。

〈キャリアコーチのコメント〉

キャリアコーチは、派遣社員に寄り添い、一緒に悩みを解決する立場。ですから職場では言いにくい本音をしっかりと受け止められます。

今回のケースは定期的なキャリアカウンセリングによって、長期的なキャリアプランの構築や、突発的な退職を防ぐことができた良いケースでした。

有期雇用派遣 に戻る

人材に関するお悩みがございましたらお気軽にご連絡ください