看護と介護の中で腕を磨いたIT技術。困っている人を助けることにやりがいを見出せた。|キャリアコレクション

看護と介護の中で腕を磨いたIT技術。困っている人を助けることにやりがいを見出せた。

  • 家族
  • ライフイベント
  • 専門性・スキル
  • 仕事との向き合い方

看護と介護の中で腕を磨いたIT技術。困っている人を助けることにやりがいを見出せた。

経理課の正社員で社会人を始めましたが、自分に合っていないと思い退職。自分に合う仕事を探すため、あらゆる仕事を経験。子どもの入退院とダブル介護が始まり仕事ができなくなる中、初めてやりたい仕事を認識しました。

わたしのキャリア

経理課の正社員で社会人を始めましたが、自分に合っていないと思い退職。自分に合う仕事を探すため、あらゆる仕事を経験しました。すると、Windows95の発売とイベントコンパニオンの仕事でPCに触れる機会があり、SEアシスタントとして働きながら学ぶ機会を持たせていただきました。そして、オンサイトヘルプやサーバー運用管理の仕事に就いていました。結婚後、子供を授かると、保育園のお迎え、晩ご飯のこともあり、定時で帰れる仕事でPCに関われればと、SEをあきらめテクニカルコールセンターなど時間優先で就業してきました。

ターニングポイント

第2子が入退院を頻回に繰り返し、その後、ダブル介護が始まりました。フルタイムで定時で帰る派遣の仕事でも、気力、体力の限界を迎え介護のため休職しました。その間、仕事から離れると復職時に技術が古く、ついて行けなくなるのではとの心配がありました。そのため、介護の傍らITパスポートの資格を取得し、いつか介護が終わったら、またIT業界の仕事に就きたいと考えていました。自分は、コンピューターを通じ、困っている人を助けること、オンサイトヘルプ、テクニカルコールに就きたいと初めてやりたい仕事として認識しました。

自分らしく働くとは

私は派遣人生の半分以上を看病や介護と共に生活してきました。派遣だからこそ、定時で帰れるからこそ乗り越えられたし、若い頃学んだ技術を捨てることなく、仕事に生かせたと考えています。

今後のキャリアについて

病弱だった子供は、今では健康優良児になり、ダブル介護は終わりました。まだ残業は多くはできませんが、PCを通じ人助けをすることができる環境で働けるように、常に自分に無い技術を学び続けていきたいと思います。

あなたの経験や希望に合ったお仕事情報をご紹介

ご登録はWeb上で完了します(来社不要)。また、ご希望条件や職歴等はインタビュー(電話面談)でお伺いします。

お仕事開始までの流れ
  • Career Collection~一人ひとりの働く想い、すべてが“グッドストーリー”
  • IamWithYou 私に前向きな、私でいたい。
  • お友達紹介プログラム アデトモ
  • 働くあなたをいちばん想う、アデコ。
  • worklife Canvas
  • 障がいをお持ちの方(障害者のためのアデコの派遣サービス)

アデコへの登録はWebで完了!全国多数の派遣求人から、経験や希望に合うお仕事をご紹介します