私にとっての仕事=『好き』を味方に|キャリアコレクション

私にとっての仕事=『好き』を味方に

  • ライフイベント
  • 好きを仕事に
  • 仕事との向き合い方
  • 夢を叶える

私にとっての仕事=『好き』を味方に

幼少期に夢の場所と感じた百貨店に入社し、その後も雑貨の仕入れ会社、アメリカ留学と真っすぐに自分軸でキャリアを選び取ってくさまをリアルに書かれたキャリアストーリーです。

キャリアストーリー

私の仕事を語る時のキーワードは、『好きを味方に!』です。高校卒業後、百貨店で初めての仕事に就いたのも子供の頃から父親と毎週末に百貨店巡りをするのが楽しみで、お店に入った途端のキラキラした空間に魅了された私にとって、百貨店は夢のような職場でした。

そして勤続8年を過ぎ、仕事も覚え、上司から信頼されている実感と売り場を引っ張っていくやりがい、充実感はあるものの、ぬるま湯につかっているような気持ちが芽生えてきて『このままでよいのだろうか?私の本当にしたい事ってなんだろう』と自問自答を繰り返すようになりました。
そして大好きだった雑貨の仕入、販売をしたい!と思い切って転職をしました。その後も、海外旅行が楽しくてしょうがなくなり、英語のコミュニケーションを学びたい!海外で働きたい!と夢は膨らみ、それを一つ一つ叶えていく事となりました。決して平坦な道ではなかったけれど『好き』の持つパワーにずいぶん助けられました。

自分にとってのターニングポイントは2つあります。1つ目は、思い切って『好き』の世界に飛び込んだ最初の転職。そこで出会った気の合う仲間たち、大好きな商品、毎日がワクワクの中で過ぎていく素晴らしさを味わいました。
そして2つ目は、英語を学ぼうと思った事です。怠け者の私は、自分を甘やかさないためにも現地で学ぼうと意を決してアメリカへ旅立ったのです。語学学校から、カレッジ、そしてアメリカでの仕事、どんどん変わっていく自分の『好き』を都度確かめ、ためらいなく進んでいく事ができました。心に思い描けば必ずそれは叶うという事を、身をもって体験できたのは、自分の『好き』に常に本気で向き合い大事にしてきたからだと思います。

日本人だから、女だから、妻だから、母親だから、歳だからなど自ら自分の可能性を閉じ込めず、いつでも何でもやりたいときにやれると信じ、目の前の事に常に一生懸命取り組むのが自分のスタイルだと思います。また仕事とプライベートのバランスをうまくとり、仕事によって自分の人生にさらなる彩りが加わるような働き方を目指しています。

ここからのキャリアは自分の仕事人生の最終章だと感じています。自分のできること、得意な事で会社、広くは社会に貢献していく事が目標です。お声がけいただける企業様の業務に全力で臨み、自分の仕事人生の集大成となるべく、さらに楽しくワクワクの中で過ごしていきたいと考えています。

ひとことメッセージ

全ての働く女性に向けて、自分で決めさえすれば何だっていつからだってやれることを伝えたいです!
もっともっと素直に欲張りになってもいいのだよーと大きな声で叫びたい気分です!

あなたの経験や希望に合ったお仕事情報をご紹介

ご登録はWeb上で完了します(来社不要)。また、ご希望条件や職歴等はインタビュー(電話面談)でお伺いします。

お仕事開始までの流れ
  • Career Collection~一人ひとりの働く想い、すべてが“グッドストーリー”
  • IamWithYou 私に前向きな、私でいたい。
  • お友達紹介プログラム アデトモ
  • 働くあなたをいちばん想う、アデコ。
  • worklife Canvas
  • 障がいをお持ちの方(障害者のためのアデコの派遣サービス)

アデコへの登録はWebで完了!全国多数の派遣求人から、経験や希望に合うお仕事をご紹介します