キャリアコレクション アデコのキャリア開発 | アデコの派遣

ENTRYENTRY

わたしのキャリア

商業高校卒業後、都市銀行に就職し後方事務の仕事に就きました。2年半後、日本万国博企業コンパニオンに採用されたため銀行を退職、その後結婚。主人の転勤に家族同伴していたこともあり専業主婦となって子育てをしておりましたが、下の子供が小学校高学年になったころ仕事がしたいと思うようになり、銀行のパートから簿記の資格を活かし民間企業の会計係として正社員になりました。しかし、転勤で退職。転居先で大手損保会社に中途採用され損保資格を取得し営業事務をしていました。しかしまた転勤で退職。転居先で結婚式場の婚礼係としてアルバイトをしました。その後、損保資格があることで企業代理店に採用され、65歳まで営業事務として勤務しました。その後も損保の代理店で派遣社員として勤務。今月71歳になる現在も、派遣で水道局のお客様センターで受信の仕事を続けています。

ターニングポイント

主人の転勤のたびに退職を繰り返していたので、面接で「また、転勤でやめるんでしょ」と言われることが多い中、「折角仕事をするなら正社員でやりなさい」と背中を押してくださった面接官に出会ったことが、私のターニングポイントです。このひと言で私は仕事に積極的に向き合うようになり、とりあえず何でもやってみる精神で新しい仕事に貪欲にチャレンジしました。新しい職場では新入社員である謙虚さを忘れないようにもしました。その結果、私は仕事によって充実感と成長を実感することができました。

自分らしく働くとは

自分自身がどうありたいかに尽きると思います。先ず自分の興味がもてる分野で資格取得にチャレンジすること。相続で苦労したのでFP資格を取りました。国際中医薬膳師の資格も取得。自分の強みになります。また、仕事だけではなくボランティア活動にも参加し、外部の人との関わり、つながりを持ちましょう。

今後のキャリアについて

現在、認知症になって要介護4の状態となった主人の次の病院や施設の入所先を探しながら、週3日の勤務を続けています。私も老老介護をしていますが、老齢化社会の今、一番必要なのは介護士だと思います。介護士の資格を取得して、ロボットではなく人の心が通う介護の仕事にチャレンジしたいと思います。