キャリアコレクション アデコのキャリア開発 | アデコの派遣

ENTRYENTRY

これまでのお仕事経験

社会人のスタートは商社でした。“かしかた(貸方)”って何?それって美味しい?と思うほど、まったくの初心者からの経理職。業務を教えてくれる先輩は別の支店にいて、電話でしょっちゅう泣きついていました。このままじゃいけない!と、夜間の簿記学校に通って勉強し、内容が少しずつわかってくると、経理って面白い!と思うように。簿記2級を取得後に会計事務所へ転職しました。ここで税務に触れ、初めて担当することになったのがフランス料理店。メニューを試食し感想を述べたり、売上げの伸びにオーナーと一喜一憂したのが懐かしいです。(ただ、期末に店舗の水道管が破裂し、利益は出ませんでした。)その後結婚し、通信業の会社にて経理システム導入時のサポートなどをし、出産前後は会計事務所にて様々な企業の経理を担当していました。現在は建設業の会社で経理をさせていただいてます。

ターニングポイント

簿記の勉強をすることを決めて資格を取り、会計事務所に転職した27才の頃、事務職のなかでも「経理」に特化して自分の強みを持ち、転職が叶ったとき「やればできる!」と、自分をちょっと誇らしげに思えました。今思えば、企業経理と会計事務所は全く異なる世界なのによく飛び込んだものだ、と思います。会計事務所に入ってからも苦労の連続でしたが、たくさんのことを学ばせていただきました。私の場合、家庭の変化に応じて職場を変えましたが、そのおかげで様々な規模や業種の経理に携わることができました。同じ取引でも会社によって処理方法はいくつかあることや、業界ごとに経理業務の奥深さを経験できたことはとても良かったです。

自分らしく働くとは

さまざまなことにメリハリをつけることが大切です。ワーキングマザーは全部やろうとすると時間が足りません。
ある程度取捨選択し、心に余裕を持って働きたい、と思っています。そんな要望をきいてもらうには、パフォーマンスを出せるようなスキルの向上と、信頼してもらえるような人徳を培うこと。今後もさらに自分を磨いていきたいと思います。