デジタル世代500名とデジタル世代を部下に持つ管理職500名を対象に、働くうえで重視していることや転職への志向、また、コミュニケーションにおける双方の意識の違いについて、アンケート調査を実施しました。
*本調査においては、20代をデジタル世代と定義して調査を実施しています。

仕事をする目的は何ですか?

Q1 やりがいや達成感を得るため デジタル世代33% 管理職51%,仕事を通じて社会へ貢献するため デジタル世代27% 管理職43%,
社会的な成功を得るため デジタル世代15% 管理職29%

全体結果をみる

仕事で重視することは何ですか?

Q2 残業が少ないこと デジタル世代46% 管理職22%,休暇を取りやすいこと デジタル世代61% 管理職39%,自分の個性や能力が生かせること デジタル世代22% 管理職42%

全体結果をみる

将来、転職をしたいと考えていますか?

Q3 考えている デジタル世代54% 管理職37%,考えていない デジタル世代46% 管理職63%

全体結果をみる

(デジタル世代)上司や先輩からのコミュニケーションで好ましくないものは?
VS
(管理職)デジタル世代とのコミュニケーションで心がけていることは?

Q4 デジタル世代とのコミュニケーションで心がけていること 意見や考えを聞くように心がけている 63%,成果があったら褒めるようにしている 54%,仕事以外の話をする機会を持つようにしている 50% 上司や先輩からのコミュニケーションで好ましくないものは? 自分の意見や考えを聞かれる 17%,成果があると褒められる 7%,仕事以外の話を聞いてくる 22%

全体結果をみる

(管理職)デジタル世代に対してどのような印象をもっていますか?

Q5 PCスキル・デジタルスキルが高い 52%,打たれ弱さ・ストレス耐性の低さ 53%

全体結果をみる

【調査概要】

  • 調査対象:①デジタル世代:20代で企業や団体で勤務している男女、②デジタル世代を部下に持つ管理職(係長以上)
  • サンプル:①デジタル世代:500人、②管理職:500人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 実施時期:2018年9月28日〜29日