アデコ、UiPathとトレーニング・アソシエイト契約を締結

- 公式トレーニング・アソシエイトとして自社の派遣登録者・就業者にRPAのトレーニングを提供 -

[2018年10月4日  東京]

世界最大*1の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人であるアデコ株式会社(本社:東京都千代田区代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、この度、ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下「RPA」)ソフトウェア企業UiPath(ユーアイパス)社(本社:米国)の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役CEO 長谷川康一、以下「UiPath社」)と、UiPathのトレーニング・アソシエイト契約を締結いたしました。これにより、アデコはUiPath社の公式トレーニング・アソシエイトとして、自社の派遣就業者および登録者に対し、RPAの開発・運用を行えるようになるためのトレーニングを提供します。

アデコがUiPathトレーニング・アソシエイトとして提供するトレーニングは、RPAの知識や経験を持たない方を対象とした入門編から、すでにある程度のスキルを持った技術者がスキルアップするための基礎編、さらに3年以上の実務経験者を対象とした応用編まで、多岐にわたります。RPAのトレーニングを提供することで、派遣就業者および登録者のキャリア開発を促進するとともに、RPA人財を派遣することで、顧客企業の業績向上を支援します。なお、業務や作業の自動化を行うロボットであるRPAを開発・運用するためのツールとして、UiPath社が提供するUiPathを用います。

RPAは、これまで人の手によって行っていたデータ入力などの事務作業や、ルールやワークフローなどの手順が定まっている定型業務を自動化するだけでなく、機械学習を活用することもできるため、生産性を大きく向上させることが可能です。こうした背景のもと、企業における需要が急速に拡大しており、ミック経済研究所が発表した資料*2によると、2017年度に183.4億円だった日本国内のRPA市場は、2018年度に2.4倍の444億円となり、2021年度には1300億円に達すると見込まれています。一方、新たな技術であるRPAを扱える人財は少なく、RPA人財をどのように育成するかが課題となっています。

アデコは人財サービスのグローバルリーダーとして、今後もさまざまな取り組みを通じ、働く人々のキャリアと企業の業績向上を支援してまいります。

  • *1:Staffing Industry Analysts 2017、人財サービス企業売上ランキングより
  • *2:株式会社 ミック経済研究所「AI連携(AI OCR、音声認識等)で高度化するRPAソリューションの市場動向 2018年度版」より

UiPath株式会社について
UiPath社は、お客様の業務プロセスを効率的に自動化するためのソフトウェアプラットフォームを提供する、世界のトップRPAカンパニーです。米国を本社とするUiPath社は、日本、英国、ルーマニア、フランス、ドイツ、インド、シンガポール、香港、オーストラリア等に拠点を持ち、約1,800社のRPAによる自動化実績を有しています。
日本法人は2017年2月に設立されました。すでに555社(2018年9月末現在)のお客様でご利用頂いております。
より詳細な情報は同社のウェブサイトをご参照ください。(https://www.uipath.com/ja/

本件に関するお問い合わせ先

アデコ株式会社 広報部
Tel.03-6743-8085