What is Win4Youth? Win4Youthとは?

「Win4Youth」は、世界60カ国のAdecco Group社員が、「マラソン・ウォーキング」「サイクリング」「水泳」を通じて、目標総走行距離の達成に応じた寄付金を、貧困などの環境的要因やその国が抱える社会的な問題によって、教育などの機会を得ることが難しい若年層の支援を行っている団体に寄付することを目的とした社会貢献活動です。

2010年のプログラム立ち上げ以来、今年で7年目。
毎年、社員だけでなく、活動趣旨にご賛同いただいたお客様やAdeccoコリーグの皆さんにも参加いただき、2015年までにアルゼンチン、イタリア、カンボジアなどの若年層支援団体へ、162万スイスフラン以上の寄付を行いました。

2016年のテーマは、昨年度に続きトライアスロンとなります。
「Team Spirit(相互協力)」、「Passion(情熱)」、「Responsibility(責任)」というAdecco Groupの基本的価値観であるCorevaluesの理念のもと、2016年は目標総距離350万キロメートルの達成を目指します。

Win4Youth2016 ゴッドファーザー Frederik Van Lierde

「Win4Youth」では、毎年、プロのアスリートが監修者となり、参加者を指導しています。
2011年はロードレースの選手Eddy Merckx氏、2012年はロンドン・パラリンピックの金メダリストのAlex Zanadi氏が監修者として選任されました。
2015年は、2012年ロンドンオリンピック トライアスロン競技の金メダリストであるNicola Spirig氏が選任され、メインイベントとなるスペインマヨルカ島でのトライアスロン大会において、各国のアンバサダーをプロフェッショナルの視点から指導してくれました。
2016年は、ベルギーのトライアスロンのプロ選手であり2013 年のアイアンマン世界チャンピオンであるフレデリック・ヴァン・リルデ氏が、プログラムの精神的な支柱となるゴッドファーザーに就任しました。

フレデリック氏は、世界各国のAdeccoより選抜された70 名の「Win4Youth アンバサダー」とともに、10月にスペインのランサローテ島で開催されるトライアスロン大会に参加します。

Win4Youth Ambassador

世界60カ国のAdecco Group社員から、選ばれた70名が、Win4Youthアンバサダーとして1年間、各国のWin4Youth広報大使として、活動をリードしていきます。

70名の各国代表アンバサダーは、10月にスペインのランサローテ島で開催される世界的なトライアスロン大会「Ocean Lava Lanzarote Triathlon」へ参加し、水泳1.5km、自転車バイク40km、ラン10kmの合計51.5kmのオリンピック・ディスタンスに挑戦します。