Foundations 支援団体について

支援団体について The Foundations we support

Win4Youth2016では、ブラジル、ハンガリー、コロンビア、ギリシア、セルビア、ブルガリア、インドネシア、スロバキア、グローバル難民支援団体など、世界各国から選ばれた9つの支援団体をサポートします。
これら9つの団体は、生活環境や経済情勢など、困難な状況下にいる、子どもたちや若者たちが、希望を抱き、困難を乗り越え、夢を持って未来に進んでいけるよう、様々な取り組みを展開しています。

  • Novak Djokovic Foundation
  • ASSOCIACAO SAUDE CRIANCA
  • Fundacion Carlos Portela Valdiri
  • Sumba Foundation
  • Bator Tabor
  • Make a wish
  • SOS Children's Villages
  • TETIS s.r.o.
  • Premiere Urgence Internationale

Serbia Novak Djokovic Foundation

セルビアの貧困地域に生まれた子どもたちが、他者を尊重し思いやりを持つことを学びながら、安全な環境で育ち、のびのびと遊ぶことを通して、将来に対する希望を抱き、成長していくことができるように様々な支援活動を行っています。


Brazil ASSOCIACAO SAUDE CRIANCA

ブラジルで慢性疾患や貧困に苦しむ子どもを持つ家族の自立や、家庭環境の改善を支援しています。病気の治療や妊婦のための教育、病気の子どもに寄り添いながらの働く親のサポートなど、家庭環境を支援する多くのプログラムを提供しています。


Colombia Fundacion Carlos Portela Valdiri

コロンビア国内の村落や辺地に住む、がんや血液疾患を持つ子どもたちを支援しています。治療や心理的なサポートに向けた資金援助、平均余命を改善するためのレクリエーション、文化的活動、スポーツなどを通して、現在約400人の子どもたちがサポートを受けています。


Indonesia Sumba Foundation

インドネシア スンバ島の貧困を軽減する支援を行っています。島の文化や伝統を尊重しながら、マラリアの予防を含む島民の健康を守る活動や、子どもたちへの教育、家庭の収入源の確保など、人道的支援を行っています。


Hungary Bator Tabor

癌や糖尿病、JRA(若年性関節リウマチ)、血友病などで苦しむ、ハンガリーの子どもたちやその家族のために、無料で参加できるキャンプをシーズンごとに開催するなど、様々な治療レクリエーションプログラムを提供しています。


Greece Make a wish

生命を脅かすほどの重病を抱えたギリシアの子どもたちが、病気と闘いながらも生きる喜びを感じ、希望や楽しみを持つことができるように、彼らの望む素晴らしい体験などを通して、夢を叶える活動を行っています。


Bulgaria SOS Children's Villages

育児放棄や孤児となり身寄りのない、ブルガリアの子どもたちを支援する活動をしています。“SOS mother”のもと、家族のように一緒に住むことにより、質の高い教育や医療を提供しながら、幸せで健康的な生活の中でのびのびと育つことを目指します。


Slovakia TETIS s.r.o.

神経や整形外科などの困難な健康問題を抱えた、スロバキアの子どもたちを支援しています。専門的な治療やリハビリテーションを行う間、子どもたちは両親とともに施設に滞在し、彼らのために設立された学校で勉強しながら治療を受けることができるようサポートしています。


Global Refugee Foundation Premiere Urgence Internationale

自然災害や戦争、経済破綻などの影響により、社会から取り残され、生活が困難となった人々を支援しています。この活動は、グローバルな規模で展開されており、被災者に包括的な支援を提供し、自立の支援と尊厳の回復に向けたサポートすることを目的としています。