知っておきたい記事の本質 今号のテーマ 成長の原動力にすることができるか 日本企業の女性活用の現状と未来

注目の新聞記事

女性・高齢者、働く機運、非労働力人口22年ぶり減、成長力を下支え、13年、景気回復追い風(2014年3月29日 日本経済新聞)

職を持たず職探しもしていない「非労働力人口」が減少に転じた。バブル崩壊後、人口の高齢化で一貫して増え続けていたが、2013年は前年より0.7%少ない4506万人となり、1991年以来、22年ぶりにマイナスに転じた。「非労働力」だった女性や高齢者が「労働力」に加わっていけば、日本の潜在成長力を下支えする。稼ぎが増えることで消費や生産の好循環を生み、社会保険料や所得税を払う人が広がる期待もある。

配偶者控除見直し論議 女性の就労拡大狙い 「103万円の壁」解消、家計圧迫の声も(2014年4月23日 毎日新聞)

政府税制調査会(首相の諮問機関)が、専業主婦のいる世帯の税負担を軽減する「配偶者控除」を見直す議論を始めた。「女性の就労意欲を阻害している」との批判があるためで、主婦層への優遇策を縮小・廃止することで女性の社会進出を後押しするのが狙い。パートで働く女性から控除見直しを歓迎する声がある一方、「子育て支援の仕組みが整わなければ働きに出るのは難しく、就労拡大にはつながらない」との見方も多く、税の負担増に反発する声が高まることも予想される。

女性の活躍推進へ、3年以内に法整備 道筋の法案、自民委が骨子(2014年4月18日 朝日新聞)

自民党の女性活力特別委員会(松野博一委員長)は17日、女性の社会進出を進めるため必要な法整備を3年以内に集中的に進める法案の骨子をまとめた。女性の採用や昇進などの現状や目標設定について、情報を開示するよう企業などに義務づけることも検討する。他党にも呼びかけ、超党派で今国会での議員立法をめざす。

独法などの女性登用引き上げ指示 安倍政権(2014年3月29日 朝日新聞)

安倍政権は28日、各府省庁に対し、独立行政法人や認可法人などの全体の平均で、役員に占める女性の割合を2015年度末までに6%程度、管理職に占める割合を13%程度に引き上げるよう指示した。13年4月時点の女性割合は役員が3.8%、管理職が11.5%。安倍政権が掲げる「女性の活用」の一環だ。


3月12日、内閣府は労働力人口の推計を発表した。それによると、現在より諸条件が好転しても、2060年の労働力人口は現在より約18%少ない5400万人程度まで減少するとされている。(諸条件:①2030年に合計特殊出生率が2.07まで上昇する②30〜49歳の女性労働力率が現在の約70%からスウェーデン並みの約90%になる③60歳以上の労働力率を5歳繰り上げて推計)

この労働力人口の低下を防ぐため、女性活用の必要性が企業で重視されて久しいが、日本は他国と比較すると、まだまだ歩みが遅い。女性の労働、教育、政治への関与などを調査した世界経済フォーラム(WEF)「男女格差報告(2013年)」によると、日本はジェンダー・ギャップ(男女平等)指数が136カ国中、105位で、順位の低下は3年連続。OECD加盟国ではワースト2位という厳しい状況だ。その原因の一つが、企業の従業者に占める女性の割合が低い点である。年代別の労働力率を見てみると、特に子育て世代である30〜34歳で、「M字カーブ」を描くように低下することが分かる。昨今、この流れは多少緩やかになってきてはいるが、いまだ6割以上の女性が出産を機に離職しているのが現状だ。

そうした状況を改善しようと、現在政府は今まで以上に明確に女性活用を打ち出している。東京五輪が開催される2020年までに「25〜44歳の女性就業率を73%(2012年は68%)」「指導的地位に占める女性の割合を30%(2012年は10.6%)」とすることを目標に掲げる。

具体的な施策としては、子育て中の求職窓口となるマザーズハローワークの全国での拡充。また、ニートやフリーターを試用する企業に支給する「トライアル雇用奨励金」の対象を育児で離職した女性も含めるように改変した。

総務省統計局による2013年の調査では、職を持たず職探しもしていない「非労働力人口」が22年ぶりに減少に転じた。これは、高齢者の労働力の増加に加え、専業主婦層に動きがあった結果だと考えられている。女性の就業率が男性と同程度になれば、日本の国内総生産(GDP)が大幅に上昇するという予測調査もあり、女性活用が今後の日本に大きな影響を与えると言えそうだ。

NEXT 記事の本質② 女性が活躍するために必要なことは

  • PREV
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • NEXT

お問い合わせ:新しくウィンドウが立ち上がります

Pickup Service 人材に関わるトレンド情報からクライアントの皆さまの課題や悩みに対してアデコのソリューションをご紹介します:新しくウィンドウが立ち上がります