Vol.34 Adecco Headline トピックス カップヌードルミュージアムで仕事体験 Adeccoの若年層向け就業支援プロジェクト「Work Experience Contest」

今年度、AdeccoグループはCSR活動の一環として、若年層の就業支援を行う「Adecco Way to WorkTM」プロジェクトにグローバルで取り組んでいます。その活動の一環として、世界中から選出された9名の若者が、さまざまな国で仕事体験をするプロジェクト「Work Experience Contest」を7・8月に実施しました。

日本から参加したのは、大学生の濱口昌紀さん。「カップヌードルミュージアム」での仕事体験を皮切りに、約1カ月間、タイやベトナムなどアジア8カ国で11の仕事を体験し、その様子を自身のブログや、Adeccoのfacebookなどを通じて発信しました。

「カップヌードルミュージアムでは、日本人が持つ“おもてなしの心”を学ぶことができました。この活動を通して得た働く楽しさや喜びを今後もAdeccoのアンバサダーとして、広く伝えていきたいと思っています(濱口さん)」

来館者がオリジナルカップヌードルを作ることができる「マイカップヌードルファクトリー」で仕事体験をする濱口さん。

Interview 鶴丸一毅さん(カップヌードルミュージアム 統括マネージャー) カップヌードルミュージアムを通して、これから社会に羽ばたく若い人たちを支援したい

当館の運営趣旨は、「子どもたちに発明・発見のヒントを伝える」こと。世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」や「カップヌードル」を発明した日清食品創業者・安藤百福の「クリエイティブシンキング=創造的思考」を数々の展示を通じて体感することができるのが、大きな魅力です。

それゆえ、若年層向け就業支援プロジェクト「Adecco Way to WorkTM」のお話をいただいた時、すぐにひらめきました。「何もないところから創っていく」という、ベンチャー精神に富んだ安藤百福の考え方や言葉は、これから社会に羽ばたく若い人たちの心に強く響くに違いないと。

当館がスタッフ一人ひとりに求めていることは、「お客様にとって今、何が必要なのか」をきちんと考え、判断して行動すること。いわば、日本人が得意とする「おもてなしの心」です。濱口さんには、当館のスタッフたちが現場でどのように「おもてなしの心」を表現し、工夫を重ねて運営しているかを見て、体感してもらえたのではないかと思います。当館での経験や海外での仕事体験を生かし、社会人として大きく成長してもらえれば、嬉しいです。

鶴丸一毅さん


カップヌードルミュージアム(正式名称:安藤百福発明記念館)

日清食品創業者・安藤百福の「クリエイティブシンキング=創造的思考」をコンセプトとして、2011年9月17日にオープン。インスタントラーメンに関するさまざまな展示や体験を通じて発明・発見のヒントを学び取ることができる体験型ミュージアムです。オープン以来、年間100万人の来館数を誇っています。

http://www.cupnoodles-museum.jp/
住所:横浜市中区新港2-3-4
開館時間:10時〜18時(入館は17時まで)
入館料:大人(大学生以上)500円、高校生以下は無料


  • PREV
  • 1
  • 2
  • NEXT

お問い合わせ:新しくウィンドウが立ち上がります

Pickup Service 人材に関わるトレンド情報からクライアントの皆さまの課題や悩みに対してアデコのソリューションをご紹介します:新しくウィンドウが立ち上がります