Vol.27 トピックス 知っておきたい記事の本質 今月のテーマ:世界の雇用情勢/若年層の失業率悪化

若年失業率 15〜24歳、全世代の倍近く
今月のテーマ:世界の雇用情勢/若年層の失業率悪化

国際労働機関(ILO)は22日発表した報告書で、2012年の世界の若年層(15〜24歳)の平均失業率が12.7%に達すると予測した。前年より0.1ポイント高く、少なくとも16年までは現行水準で高止まりするとの中期予測も示した。若年層の雇用悪化は若年無業者(ニート)の増加につながっており、ILOは30日に開幕する総会で対策を協議する。

若年層の失業率上昇は先進国で低成長が続き、途上国では人口増に伴って若年層が大幅に増えているため。07年には11.6%まで低下していた若年層の失業率は08年の金融危機を機に上昇に転じた。報告書によると、世界で約7,500万人の若年層が失業中で、07年以降で400万人以上増えた。このほか、危機で求職自体を断念した若者が640万人に上る。(中略)

12年の先進国の若年失業率は07年より5.5ポイント高い18%で、上昇傾向が鮮明。途上国も北アフリカが4ポイント高の27.8%、中東が2.1ポイント高の26.9%で、ILOのエルムスト雇用分析課長は「若年失業率の高い国・地域ではデモやアラブの春などの騒乱が起きやすい」としている。

一方、中国など東アジアの若年失業率は9.3%、インドなど南アジアは9.8%にとどまる。(中略)

ILOは報告書で「各国政府の雇用対策は不十分で、若年層の就業訓練などにもっと注力すべきだ」と指摘。若年層を積極的に雇用した企業への補助金や、減税に取り組むことも提言した。
(日本経済新聞 2012年5月22日 夕刊)

「大卒者悩ます失業格差 ウォール街ラウンドアップ」「世界初2012 スペインの職なき若者 バブルはじけ、失業率51%」「欧州激震(4)膨らむミレウリスタ(迫真)」
  • PREV
  • 1
  • 2
  • NEXT

お問い合わせ:新しくウィンドウが立ち上がります

Pickup Service 人材に関わるトレンド情報からクライアントの皆さまの課題や悩みに対してアデコのソリューションをご紹介します:新しくウィンドウが立ち上がります