働く人のインターンシップ意識調査

20代〜60代の働く男女に「インターンシップ」をテーマにアンケートを実施。企業規模、業種によって、その実施期間や効果に違いがあることが明らかになりました。〈アンケート概要〉調査期間:2016年9月 有効回答:2,184人 日経BPコンサルティング調べ

実施状況

yes:28.7% no:41.8%

企業規模別の結果を見る

実施期間

一週間未満 1ヵ月 2.3日 3ヵ月 1日 6ヵ月以上

インターンシップ期間の給与

あり:33.8% なし:66.2%

企業規模別の結果を見る

採用しているインターンシップの制度

1.職務実践型 2.セミナー見学型 3.課題解決型

全体結果を見る

How was it? 実施してみてどうだった?

メリット

ミスマッチを防げる:58.4% 優秀な学生を採用できる:31.7% 企業のPRになる:26.7%

多様性が促進される:14.0% 就活性を情報源として、市場調査ができる:12.2% 業務の一部を手伝ってもらえる:11.5% その他:0.9%

デメリット

担当の負担:62% ノーエントリー※インターンシップを実施後、就職希望がないケース:33% 情報漏洩:25.5%

インターンシップと実務がかけ離れている:20.4% その他:2.3%