Vol.26 サービス・事例 サービスのご紹介 アデコ アジア地域統括ディレクターに聞く−APAC(アジア太平洋)地域における事業展開

近年、成長著しいアジアに世界中の企業が進出しています。日本企業も小売業の店舗展開や、中小企業の拠点設立など、多様な業種・業態で進出を加速させています。こうした企業にとって、いかに現地で優秀な人材を採用するかは、重要な課題です。アジア諸国に約600の拠点を展開するアデコでは、豊富な人材サービスの経験やリソースを活かし、きめ細やかな支援を行っています。

アジアは他地域と比較しても、人事や採用のプロセスにおける各国の事情がまったく異なります。日本、シンガポール、オーストラリアといった成熟した市場がある一方、インドや中国など急拡大している国もあり、経済成長とともに環境も急速に変化しています。アデコは各地に拠点を展開し、それぞれの現地の状況に詳しい従業員を配置しています。

インターナショナルセールスディレクターとしての私の役割は、クライアント企業のビジョン・戦略・要望に基づき、必要な支援を提案することです。その国のアデコの従業員とともに、クライアントの本社だけでなく工場や支社などの「現場」も訪問しています。月の半分は、各国を飛び回っていますね。

現在、アジア地域では、特定の職種に特化した、高いスキルを有する人材の不足が課題となっています。多くの国で派遣スタッフが会社を選択する「売り手市場」が目立っており、派遣スタッフと長期のパートナーシップを結べるかどうかが、カギとなっています。

そこでアデコでは、優秀な人材を確保するため、派遣スタッフのサポートに注力しています。就業開始後も徹底したフォローアップを行い、仕事に対する満足度や転職希望などをヒアリング。必要に応じて、スキルアップのためのトレーニングを提供するなど、「個別支援」を行い、時間をかけて信頼関係を築いています。

なかでも中国は、高齢化の進行や、ホワイトカラー層の増加などの影響で、工場で就業する若年層が減少しており、一定の業種では人材不足が深刻化しています。アデコは2010年、中国の最大手人材サービス企業である、北京外資系企業人的資源有限公司 (以下、「FESCO」)との合弁会社「FESCO Adecco」を設立し、中国に展開する日系企業の採用支援活動も本格化しました。この中国やインドのマーケットリーダーとして、各業種・職種のエキスパートを、今後も教育・輩出していくことが、我々の重要なミッションだと感じています。 

昨今のグローバル化などによって、日本企業の人事・採用活動も変容しています。アジアで重要なポジションを占める日本において、我々アジア地域担当者も、日本のアデコと綿密に連携しながら、日本企業の海外展開・採用活動をより一層支援してまいります。

Matthew De Zilva

アデコではタイやシンガポール、ベトナムなど、アジアの主要エリアにおいて、日本企業の現地進出を全面的にサポートしています。
海外に進出した日本企業をサポートした事例

お問い合わせ:新しくウィンドウが立ち上がります

Pickup Service 人材に関わるトレンド情報からクライアントの皆さまの課題や悩みに対してアデコのソリューションをご紹介します:新しくウィンドウが立ち上がります