VOL.49 Report 人財競争力に関する国際調査レポート「Global Talent Competitiveness Index(GTCI)2015-2016版」

GTCI 概要・調査結果

「Global Talent Competitiveness Index(GTCI)」とは、人財の質に基づいた各国の競争力を測定したグローバルの調査レポート。「いかにその国が人財を育成し、成長させるか。また、人財を呼び込む魅力を有するか」などの6つの指標で評価している。3回目となる今回の調査では、「人財の誘致と国際流動性(インターナショナル・モビリティ)」がテーマだった。

過去の調査と比較して、トップ20に大きな変動はなかったが、調査結果から、人財の流動性と経済的繁栄には相関関係があることがわかった。1位のスイスと3位のルクセンブルクは人口の約25%が他国出身であり、2位のシンガポールではこの割合が43%にも達する。これら3カ国は貿易や投資の面でも高い開放性を持つ。

日本は昨年よりひとつ順位を上げて19位だったが、「Attract(人財に対する国の魅力度)」が45位、「External Openness(対外開放性。国外からの直接投資、人財・企業の参入のしやすさなど)」は42位と、人財の誘致と国際流動性の両方が課題となっている。

総合評価─スイスと日本の違い

GTCI 6つの柱

  • @Enable
    外部環境要因。政治の安定、政策などの規制要因、競争環境、労働市場の柔軟性、イノベーションを生み出すに適した環境かどうかなど
  • AAttract
    人財に対する国の魅力度。国外からの直接投資、人財、企業の参入のしやすさなどの対外開放性、国内での人財の移動のしやすさ、多様性など
  • BGrow
    人財開発のための方策。大学の質、留学生の受け入れ状況、教員と学生の比率、ビジネスマンのスキル育成の環境、ネットワーキングの状況など
  • CRetain
    人財を国内に維持するための方策。税制や年金制度の整備状況、治安など生活する上での環境など
  • DLabour and Vocational Skills
    基礎スキル、職業専門スキル、労働生産性。職業・専門訓練を受けている人財、技術者がどの程度いるか、若者の雇用状況がどうなっているかなど
  • EGlobal Knowledge Skills
    グローバルな知識スキル。高いスキルを持つナレッジ・ワーカーがどの程度いるか、そういった人財によるイノベーションや起業の状況など

8つのキーメッセージ(GTCI 2015-2016版に見る、上位国の8つの共通点)

1 流動性が人財開発の主な要因となっている

人財の国際流動性(インターナショナル・モビリティ)と「頭脳還流」が促進されなければ、創造的な人財は十分に育成できない。

移民に関する議論は、感情論ではなく解決を焦点にすべきである

人財の観点から見れば、人々の移動に取り組むことが国家にとって有益である。

3 経営慣行で人財誘致に差が生まれる

金銭的動機や生活水準以外で、人財誘致に関する重要な差別化要因となるのは、経営の専門化と従業員の能力開発である。

4 人々は職や機会を求めて移動し、職は人財の集まる場所に移動している

給与水準が比較的低く、創造的な人財に恵まれた一部の国々が、国外の投資家から注目されている。アジア太平洋地域では、中国、韓国、フィリピン、ベトナム。ヨーロッパでは、マルタ、スロベニア、キプロス、モルドバ。中東・北アフリカでは、トルコ、ヨルダン、チュニジア。中央アメリカではパナマなど。

5 新たな「人財マグネット」が出現している

米国、シンガポール、スイスは長らく人財を惹きつける存在だったが、インドネシア、ヨルダン、チリ、韓国、ルワンダ、アゼルバイジャンなどが存在感を増しており、これらの魅力的な国々で働きたいと考える人財が増えている。

6 低スキル労働はロボットに、知識労働は AI(人工知能)にシフトする

主にテクノロジーによって流動性が再定義され、知識労働もその影響を受けている。この変化は、活動分野全体が転換される可能性を示唆している。自国の異なる職場で働く必要に迫られる人々や、再び訓練を積み、離れた土地で職を得なければならない人々が生まれると予測される。

7 人財が還流する世界におけるグローバル人財獲得競争では、都市と地域が重要になる

創造的な政策を採用して、グローバル人財の誘致を試みる大都市が増えている。今後は、都市の規模よりも機敏性とブランディングが重要な差別化要因になると考えられる。

8 職業能力の不足が、依然として新興国の足かせとなっている

中国、インド、南アフリカ、そして特にブラジルなどの新興国では、依然として職業能力の格差が存在し、人財に関する能力はあらゆる面で弱体化の兆候がある。これは、アイルランド、ベルギー、スペインなどの高所得国にも当てはまる。

<調査対象> 世界人口の83.8%および世界のGDPの96.2%を占める109カ国
<評価内容> 指標は、人財競争力の「アウトプット」である2つの柱(LV Skills、GK Skills)と「インプット(Enable、Attract、Grow、Retain)」。
それぞれのスコアを加算平均し、国際人財競争力指数を算出しランキングする
<調査機関> INSEAD(フランス、シンガポール、アブダビに拠点を構えるビジネススクール)、ヒューマンキャピタル、リーダーシップ研究所(HCLI)、Adecco Group

お問い合わせ:新しくウィンドウが立ち上がります

Pickup Service 人材に関わるトレンド情報からクライアントの皆さまの課題や悩みに対してアデコのソリューションをご紹介します:新しくウィンドウが立ち上がります