Vol.42 特集:2015年、働き方はこう変わる 「キーワード別」解説と予測

労働者派遣法改正案やホワイトカラー・エグゼンプションなど、
2014年から引き続き議論がされるテーマに加え、働き方もより多様化が進みそうだ。
キーワードを挙げながら、2015年の雇用と労働を読み解いた。

ダイバーシティ
多様化する働き方 主流は企業から個人へ

昨年、多くの企業でキーワードとして聞かれた「ダイバーシティ(多様性)」。
15年は、どんな働き方の多様化が進むのだろうか。

新たな働き方として注目を集めそうなのは、「コンプレスト・ワークウィーク」だ。「圧縮された週労働時間」という意味で、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくするフレキシブルな勤務形態のこと。1日13時間労働で週3日出勤といった働き方も可能になる。

欧米では人気の高い働き方としてすでに取り入れられているが、日本でも一般化するのだろうか。多くの企業の経営戦略策定や業務プロセス改革に取り組んできた、ビジネスコンサルタントの細谷功氏は「業種や社内の立場によって捉え方が違います」と話す。
「会社の仕事は、大まかに表現すると、創造性が求められる企画・開発などの上流(個人)から、工場など効率性が求められる分業型の下流(組織)に流れます(図2参照)。上流では、拘束時間ではなく結果で評価されるので、コンプレスト・ワークウィークのような働き方は歓迎されるでしょう。一方、下流では安定的、効率的に働くことが求められるので、そういった働き方は向いていません」

【図2】 働き方の変化のイメージ

ICT(情報通信技術)がこれだけ進んだいま、上流と下流、個人と組織の関係は“逆転”しつつあると細谷氏は指摘する。
「仕事の効率化・定型化が進み、いずれ機械やロボットに置き換わる仕事が増えるでしょう。そうなると、人間しかできない創造性が重要となり、個人と企業の“個企逆転”現象が起きることになります」

その流れとリンクするのが、インターネット上で不特定多数の人にウェブ制作やデータ入力など、特定の業務を委託する「クラウド・ソーシング」だ。14年に400億円を超える程度だった流通金額規模が、15年は約650億円、18年には1800億円を超える規模にまで急拡大すると見込まれている(矢野経済研究所調べ)。
「外注先の数や品質が飛躍的に高まり、本業と副業の境界線もあいまいになってきます。組織から個人へという流れはより強まり、多様な働き方が広がるでしょう」


  • 濱口桂一郎氏 独立行政法人労働政策研究・研修機構 統括研究員
    profile
    東京大学法学部卒。
    労働省(現厚労省)入省。
    東京大学大学院法学政治学研究科附属比較法政国際センター客員教授、政策研究大学院大学教授などを経て現職。専門は労働法政策。近著に『日本の雇用と中高年』(ちくま新書)。
  • 細谷 功氏 ビジネスコンサルタント
    profile
    東京大学工学部卒。東芝を経てアーンスト&ヤング・コンサルティング(クニエの前身)に入社。製品開発・マーケティングなどの分野で戦略策定、業務改革計画などコンサルティングを手がける。著書に『地頭力を鍛える』(東洋経済新報社)など。

お問い合わせ:新しくウィンドウが立ち上がります

Pickup Service 人材に関わるトレンド情報からクライアントの皆さまの課題や悩みに対してアデコのソリューションをご紹介します:新しくウィンドウが立ち上がります