Z世代の就労観や価値観などについてZ世代の一角である15〜18歳のアジア各国の若者を調査。 そのレポートを報告します。

<調査対象> シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、中国、台湾、香港、日本、韓国の9つの国と地域に住む1995〜1998年の間に生まれた15〜18歳の948人(男女同数)
<調査期間> 2014年1月25日〜31日
<調査機関> マーケット調査会社、BDRC Asia

シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、中国、台湾、香港、日本、韓国

Zの今

各国とも勉学中の学生が圧倒的に多い。ただ受けている教育が仕事に結びつくと考えている比率は国によりかなりの差が出た。

【調査レポート】「今はなにをしている?」「卒業後は進学する?」「学校教育は就職に役立っている?」

Zの意識

調査結果から日本のZ世代は、働くことに保守的なスタンスだと見て取れる。親世代の就労観を踏襲し、生涯で働く企業数も他に比べ少なく、他国よりも短い期間で就職できると考えている。その一方で転職には積極的で、会社に対する“忠誠心” は他国に比べ低くなっている。

【調査レポート】「卒業したらどれくらいで就職先を見つけられると思う?」「生涯を通じて何社で働きそう?」

【調査レポート】有名企業で働けるなら給与が低くても構わない?

【調査レポート】仕事に求める重要な要素は?

NEXT 203X年、ジェネレーションZは「コストゼロ社会」をパラレルキャリアで生きる

  • PREV
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • NEXT

お問い合わせ:新しくウィンドウが立ち上がります

Pickup Service 人材に関わるトレンド情報からクライアントの皆さまの課題や悩みに対してアデコのソリューションをご紹介します:新しくウィンドウが立ち上がります