Vol.34 特集:組織と人の今とこれから 独特の制度、柔軟な組織 北欧に学ぶ「働き方」

高い税負担ながら手厚い社会保障、フレキシブルな働き方、新ジャンルでのビジネスの立ち上げが続く市場――。
国民一人あたりのGDP調査でも常に上位にあがり、世界から注目を集める北欧各国。いくつかのテーマに分けて探ってみる。

Interview 日本総合研究所副理事長 湯元健治氏 profile 57年生まれ。80年、京都大学経済学部卒、住友銀行入行。調査第一部、経済調査部などを経て、92年日本総合研究所調査部主任研究員に。調査部長、執行役員などを経て現職。

Work-life balance

1.「ワークライフバランス」を実現できる背景

日本でも「仕事と生活の調和」なくしては女性の活用や少子化を食い止めることは困難と、数々の制度の整備が進められているが、北欧のそれは歴史が違う。

労働組合が厳しく目を光らせる北欧では、所定の時間内で効率よく働くことを第二次世界大戦後から求め、「長時間労働」を排除してきた。週40時間労働制と、制度自体は日本と違いはないが、残業する概念がない上、最低5週間の有給休暇取得が法律で義務付けられている。デンマークとノルウェーも週平均33時間労働だ。

日本総研の湯元健治氏は「裁量労働制のため、子どもを園に迎えに行くため15時に退社してもいい。在宅勤務を認める企業も多く、貸与されたパソコンの起動時間から就業時間を算出。仕事のための時間の使い方は本人の裁量に任されています」

仕事と子育ての両立支援も盤石だ。1993年にノルウェーが導入した「パパ・クオータ制度」は、両親とも育休を取得することが前提。父親が育休を取得しないと母親が育休を取得する権利を失う。しかも育休中(44週間以内)の給料は100%支給され、ノルウェーでは父親の9割が育児休暇を取得する。同様の制度はスウェーデンでも導入され、父親の育休取得率は約8割に及ぶ。こうした制度があるためかスウェーデンでは、専業主婦世帯が約2%程度と非常に少ない。このような“全員労働参加”は、後述する税制や年金制度(詳細はこちら)などの施策が絡み合い成立している。

Work-life balance

2.合理的思考とそれに基づく制度が生む女性の社会進出

日本の社会は育児と仕事の両立が難しく、減少傾向にあるとはいえ、女性は出産適齢期である30歳代前半に退職してしまう「M字曲線問題」が根深く残っている。

一方、欧米、特に北欧では、女性の25歳から60歳まで労働参加率が一定で、こういった現象は見られない。国会議員や専門職、管理職などにおける女性の割合と、男女の推定所得などを用いて算出するGEM値(ジェンダー・エンパワーメント指数、下表)でも、日本が57位に対し、スウェーデンが1位、2位はノルウェーとなっている。

「北欧の人々は非常に合理的なものの考え方をします。人口の半分を占める女性に向けたモノやサービスを作るには、女性の能力を活用することが不可欠で、ひいては生産性が上がると考えています」(湯元氏)

その一つのあらわれが組織の構成員の4割以上を女性に優先的に割り当てる「クオータ制」だ。これにより発祥地ノルウェーでは、国会議員の4割以上を女性が占める。民間企業の取締役会においても、同様のクオータ制が06年から導入され、女性役員4割の実現も間近となっている。

【図1】北欧、先進各国のGEM 値比較 [国名、女性の参加に関する指標(GEM値)、順位、管理職従事者に占める女性の割合(%)、国会議員に占める女性の割合(%)、男女の賃金格差の指標] スウェーデン 0.909 1 32 47 0.67 ノルウェー 0.906 2 31 36 0.77 フィンランド 0.902 3 29 42 0.73 ドイツ 0.852 9 38 31 0.59 イギリス 0.790 15 34 20 0.67 フランス 0.779 17 38 20 0.61 アメリカ 0.767 18 43 17 0.62 日本 0.567 57 9 12 0.45 (注)GEM値とは、ジェンダー・エンパワーメント指数(Gender Empowerment Measure)をいい、女性が政治および経済活動に参加し、意思決定に参加できるかどうかを測るもの。具体的には国会議員に占める女性の割合、専門職・技術職に占める女性の割合、管理職に占める女性の割合、男女の推定所得を用いて算出している。(出所)国連開発計画「人間開発報告書」

  • PREV
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • NEXT

お問い合わせ:新しくウィンドウが立ち上がります

Pickup Service 人材に関わるトレンド情報からクライアントの皆さまの課題や悩みに対してアデコのソリューションをご紹介します:新しくウィンドウが立ち上がります