Vol.26 特集 大学の秋入学で採用はどう変わるか 秋入学論議を契機に教育界と産業界の国際化について考える

秋入学、私はこう考える1 秋入学のメリットは海外からの人材が集まること

国際教養大学(AIU)は、2004年の設立時より秋入学制度を取り入れています。欧米では9月入学が一般的であり、大学のグローバル化を目指すのであれば、秋入学の仕組みを導入するのが当然であると考えたからです。

他にも、(1)すべての授業の英語化(2)学生への1年間の海外留学の義務付け(3)1クラス18人という少人数編成といった、さまざまな取り組みを行っています。こういった活動全般を通して、グローバルに活躍できる人材を養成しています。

秋入学の大きなメリットは、海外からの留学生も受け入れ、また日本人学生の海外留学が容易なことです。本学でも、海外で生活した経験のある学生が集まることで、学内に国際的な雰囲気が生まれ、多様な考えや文化の中で、仲間と切磋琢磨できる環境ができあがっています。

この成果は、学生の就職率の高さという形で現れています。第一期卒業生を送り出した08年以来、海外に留学した人を除くすべての学生が就職しています。これはつまり、グローバルな環境で活躍できる人材育成と企業のニーズがマッチしているということで、秋田という地方都市の、定員が200名にも満たない新興の大学に、毎年、東京の多くの企業が足を運んで説明会を開催してくださるのも、そのためであると考えています。

秋入学のデメリットとして、ギャップイヤーの問題がしばしば挙げられますが、たとえば当大学のように、「3.5年もしくは4.5年での卒業」といった期間設定を設けることも可能で、「通年採用」の企業も増加傾向にあることを考えれば、卒業後の空白期間の問題は、ほぼないと考えています。

一方、入学前の空白期間については、入学前にインターンやボランティアに取り組むことを奨励し、そのレポートに対して単位を付与するといった仕組みは、有効だと思います。本学では、「入学前のギャップイヤー活動」を義務付ける入試を行っており、将来のために、自ら考えて時間を有効利用できる活動として推進しています。

秋入学が日本の産業界にどの程度寄与するかについては、長期的な検証が必要ですが、現在のところ、この仕組みの目的は達成していると考えています。

24時間利用可能な図書館

国際教養大学(AIU)は、2004年秋田県秋田市に開学した公立大学。海外とのコミュニケーション能力を重視したカリキュラムで、高い就職率を実現している。写真は24時間利用可能な図書館。

  • PREV
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • NEXT

お問い合わせ:新しくウィンドウが立ち上がります

Pickup Service 人材に関わるトレンド情報からクライアントの皆さまの課題や悩みに対してアデコのソリューションをご紹介します:新しくウィンドウが立ち上がります