Vol.26 特集 大学の秋入学で採用はどう変わるか 秋入学論議を契機に教育界と産業界の国際化について考える

2011年7月、東京大学が「9月入学」、いわゆる「秋入学」の導入を検討すると発表、
これ以降、教育界と産業界を巻き込んだ大きな議論へと発展しています。
秋入学のメリット、デメリットと、それが企業の人事戦略にどういった影響を及ぼすかを考えます。
また後半では、教育界・産業界それぞれの視点からの意見を紹介します。

国際基準導入の背景にあるWグローバル化W

東京大学の「入学時期の在り方に関する懇談会」(座長=清水孝雄副学長)は、3月29日、「秋入学」への全面移行を検討すべきであるという最終報告書をまとめ、学長に提出しました。これにより、昨年から続いてきた秋入学に関する議論が、さらに活発化しています。

従来の4月入学から、国際標準である9月入学に移行することにより、グローバルな人材を育成していく──。東大は秋入学の意義をこのように説明し、筑波大や東京工業大など国立大9校(※1)と、早稲田大学、慶應義塾大学の私立大2校に協議会への参加を呼びかけてきました。これらの有力校が秋入学の検討を始めたことは、他大学へも影響し、実際、2月に日本私立大学連盟が加盟121校に調査したアンケートでは、回答した98校のうち8割にあたる78校が、秋入学移行の是非を「検討中」か「今後検討予定」と回答しています(図1)。

図1

東大が秋入学への移行を検討し始めた背景には、日本の大学の国際的地位が下落しているという危機感があります。イギリスの調査会社が発表した2011年の世界大学ランキングでは、東京大学25位、京都大学が32位。同じく、イギリスの高等教育情報誌『The Times Higher Education』が発表した同年のランキングでは、東大30位、京大52位となっています(図2)。日本でトップクラスの大学が、世界では20位以内にも入らないのが現状なのです。その最大の理由は、日本の大学の国際化の遅れにあると考えられています。海外に留学する日本人学生数は、中国やアメリカ、インド、韓国を下回っており、しかも近年さらに減少傾向にあります(図3)。昨年の東大の学内調査によれば、学部学生1万4000人中、留学しているのはわずか53人でした。

国立大学協会の調査によると、海外留学に行かない理由として67.8%の大学が「帰国後の留年の可能性」を挙げています(複数回答可)。これを欧米と同じ9月入学(※2)にすることによって、学生は留年を心配することなく、海外の大学に留学しやすくなる。同時に、海外留学生も日本への留学が容易になり、国際的な人的交流が盛んになる。そして、日本の学生たちもグローバルスタンダードに則した幅広い教養を習得できる──。秋入学導入の計画は、そのようなビジョンのもとに進められています。

(※1)北海道大、東北大、筑波大、東京工業大、一橋大、名古屋大、京都大、大阪大、九州大
(※2)9月入学は欧米のスタンダードで、アジア諸地域では国によって入学時期は異なる

図2

図3

  • PREV
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • NEXT

お問い合わせ:新しくウィンドウが立ち上がります

Pickup Service 人材に関わるトレンド情報からクライアントの皆さまの課題や悩みに対してアデコのソリューションをご紹介します:新しくウィンドウが立ち上がります