Vol.29 特集 2012年、雇用にまつわるトピックス 2012年、雇用・労働環境の変化とトレンドを見る

東日本大震災の影響や「2012年問題」による大幅な労働力減少、
終身雇用や年功序列型賃金制度の崩壊、加速するビジネスのグローバル化……。
環境が激変する今、労働市場で何が起きているのか、
今後どのような新しい動きが出てくるのか。「今、そしてこれから」をレポートします。

Topic8 働き方 “働き方”は多様かつ柔軟に

年齢や性別に関係なく、誰もが活躍できる組織を目指し、さまざまな雇用システムを導入する企業の動きは、近年さらに活発になっています。

大手IT系企業A社は、都内のオフィス統合に伴い、「在宅勤務の選択制度」を導入。新本社は、8割の社員が「フリーアドレス制」を導入し、フレキシブルな働き方を実現しています。在宅勤務に取り組む企業は約20%(NTTデータ経営研究所調査)という数値もあり、この流れは今後も進むと考えられます。他にも、次年度までに、全国の9工場にワークシェアリングを導入する大手化学メーカーD社は、従業員の労働時間を調整・短縮することで雇用の拡大を図るという「生産性」の視点で、人材の在り方を捉えています。

最近では、過疎化が進む地方に拠点を設けることで、「企業の効率性」と「町の活性化」という異なる2つのニーズを満たす動きもIT系企業を中心に広がりを見せつつあり、W時間・場所を限定しない働き方Wは、ますます広がっています。

  • PREV
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • NEXT

お問い合わせ:新しくウィンドウが立ち上がります

Pickup Service 人材に関わるトレンド情報からクライアントの皆さまの課題や悩みに対してアデコのソリューションをご紹介します:新しくウィンドウが立ち上がります