Vol.29 特集 2012年、雇用にまつわるトピックス 2012年、雇用・労働環境の変化とトレンドを見る

東日本大震災の影響や「2012年問題」による大幅な労働力減少、
終身雇用や年功序列型賃金制度の崩壊、加速するビジネスのグローバル化……。
環境が激変する今、労働市場で何が起きているのか、
今後どのような新しい動きが出てくるのか。「今、そしてこれから」をレポートします。

Topic3 転職 市場は拡大、グローバル化の傾向に

世界的な景気後退が続く一方、2012年以降の定年退職者の増加や、リーマン・ショック後の採用抑制の反動などによって、国内の転職市場は盛り上がりを見せています。

特に回復基調が顕著なのは、経験値の高いエンジニアの求人。この背景には、スマートフォンや太陽電池など、伸びしろのある分野の市場拡大があります。また、復興に必要なインフラ関連の生産現場、増産対応に追われる自動車関連企業などでも求人が増加。医療・製薬など景気の影響を受けにくい業界も引き続き堅調です。他にも、アジア地域への新規進出や事業拡大で、小売業界や食品メーカーの求人も活発化しています。

とはいえ、専門性の高い人材の厳選採用の傾向が高まっているのも事実。そういった中、収入増が期待できない閉塞感が広がる国内を離れ、海外へ活路を見いだす転職者が増加しています。鈍化しているとはいえ、経済成長が見込めるアジア圏では、給与水準がここ数年で大幅に上昇。日系企業も現地の人員増強に動いています。ただし、シンガポールでは外国人の労働ビザ取得条件が引き上げられ、中国では外国人労働者の保険加入が義務付けられるなど、海外転職のハードルは少なからず上昇しており、今後の転職市場に影響を及ぼす要素も見え隠れしています。

表4

  • PREV
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • NEXT

お問い合わせ:新しくウィンドウが立ち上がります

Pickup Service 人材に関わるトレンド情報からクライアントの皆さまの課題や悩みに対してアデコのソリューションをご紹介します:新しくウィンドウが立ち上がります