Adecco:新しくウィンドウが立ち上がります


マイナンバー制度がスタートします!

マイナンバーとは?

マイナンバー(社会保障・税番号)とは、国民一人ひとりがもつ12桁の番号です。

2015年10月より、日本国内のすべての住民に通知される、1人ひとり異なる番号をマイナンバーといいます。 個人が特定されないように、住所地や生年月日などと関係のない番号が割り当てられます。

社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。



マイナンバーの導入メリットとは?

添付書類の削減など行政手続きが簡素化され、私たちの負担が軽減されたり、所得や行政サービスの需給状況を把握しやすくなるため、本当に困っている人にきめ細やかな支援が行えるようになります。


マイナンバーはいつ、どのようにわかるの?

2015年10月から、住民票のあるすべての方に12桁のマイナンバーが通知されます。 (マイナンバーは中長期在留者や特別永住者などの外国人の方にも通知されます) マイナンバーが記載された「通知カード」が、市区町村から住民票に登録されている住所に簡易書留で郵送されます。 住民票の住所と異なるところにお住まいの方は、早めにお住まいの市区町村に住民票を移して、確実に受け取れるようにしてください。通知カードは転送されませんのでご注意ください。


マイナンバーはいつから、どのような場面で使うの?

2016年1月から、年金・雇用保険・医療保険の手続き、生活保護・児童手当その他福祉の給付、確定申告などの税の手続きなどで、申請書などにマイナンバーの記載が必要になります。


アデコからのご就業中の方、ご就業される方へのお願い

アデコでは、2016年1月から、健康保険・厚生年金・雇用保険の加入手続きを行ったり、給料から源泉徴収して税金を納めたりする場合に、皆さんのマイナンバーが必要となります。

そのため
アデコから2015年12月上旬にマイナンバーを申告いただく申請書類をお送りします。
内容をご確認のうえ、以下を書類に記載している期日までにご返送ください。

  • 申請書類
  • 通知カードのコピー
    ※扶養親族がいらっしゃる方は、その方のマイナンバーも申告ください。(通知カードのコピーは必要ありません)

※マイナンバー 社会保障・税番号制度に関する詳細は以下のホームページを参照ください。

ウィンドウを閉じる

©2017 Adecco. All Rights Reserved.