Adecco

宮城県就労移行支援事業所機能強化事業 就労移行支援事業所の就労や定着支援の改善をサポートします —健常者とともに障害のある方が長く働き続けられるために—

宮城県

就労移行等実態調査によって、平成27年度に「就労移行支援事業所」を経て企業等に就職した障害者が173人いた一方で、同年度の離職者が80人(調査年以前を含む)おり、障害者雇用において、雇用の確保だけでなく、長く働き続けられる取り組みが必要となっています。
本事業では、就労移行支援事業所・企業が相互交流や連携によって関係を構築することで、障害者が企業に就職し、長く働き続けられる環境を整備する支援を行うものです。
※本事業は、アデコ株式会社が宮城県より受託し、運営いたします。

お知らせ

就労移行支援事業所機能強化事業とは

障害者雇用の現場の課題として、就労移行支援事業所では、利用者が企業等で実習する機会の開拓・確保や定着支援の方法が、障害者雇用を希望する企業では、雇用方法や雇用する障害者に対する支援ノウハウや、従事させる業務の確保など、受け入れ体制の整備があります。このことから、就労移行支援事業所において「企業の受け入れ体制の整備を支援する機能」を強化すること、企業と就労移行支援事業所との「顔の見える関係」を築くなどにより、障害のある方が企業で働き続けられる環境を整備することを目的に実施するものです。

本事業は支援機関と連携・協力し、就労移行支援事業所に、支援(課題解決のための個別支援、優良事例共有会議、優良事業所見学)を行ったり、企業へのサポート(研修・体験プログラム、就労移行支援事業所見学・グループワーク、優良企業視察)を行い、障害者の受け入れ体制を強化する。就労移行支援事業所と企業が顔の見える関係を構築し、障害者の就業サポート、長期就労を実現する。

本事業を通じて
就労移行支援事業所と障害者の雇用をお考えの企業の皆さまを支援します。

支援内容

就労と定着率改善の個別サポート

就労移行支援事業所を個別に訪問し、障害者の就労や定着率の向上に関するヒアリング、課題解決に導くためのご提案を行います。

就労支援プロセスの優良事例共有会の開催

主に他圏域の就労移行支援事業所における、一般就労支援方法や定着支援方法の優良事例を共有する会議を、仙台市・石巻市・大崎市・栗原市・登米市・気仙沼市・白石市にて開催します。

優良就労移行支援事業所見学会の実施

就労先企業開拓や定着支援等の優良なケーススタディーとして、実績のある就労移行支援事業所の見学会を実施します。

企業向け研修の開催

障害者の受け入れ体制の整備等に課題をもつ企業担当者を対象に、障害や障害者の就労支援内容などをより理解するために、就労移行支援事業所の見学・支援体験・就労支援グループワークの開催などの研修プログラムを用意しています。

障害者雇用優良企業の視察

障害者を雇用し、定着が図れている企業の視察会を開催します。定着支援の実例から障害者が働き続けられる環境整備について学びます。

企業見学や実習受け入れの調整

就労移行支援事業所の担当者や障害のある方が見学を希望する企業の調整や、実習を受け入れる企業との調整を行います。

※ 就労移行支援事業所や企業への見学会、事例共有会や視察などへの参加を希望される方は、以下の各種イベント参加申し込みフォームでお申し込みください。開催日時や場所など、詳細については別途ご案内させていただきます。

障害者の就労や就労後の定着で課題をお持ちのご担当者さまは
ぜひ一度お問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ

就労移行支援事業所機能強化事業に関するご相談などのお問い合わせは、以下のお問い合わせフォーム、もしくはお電話・メールでご連絡ください。

ウェブ(お問い合わせフォーム)

お問い合わせ

電話・メール

アデコ株式会社
就労移行支援事業所機能強化事業事務局

022-267-0797 受付時間 平日 9:00〜17:30

ADE.JP.myg-support@jp.adecco.com