Adecco:新しくウィンドウが立ち上がります


東京しごとセンター 若者正社員チャレンジ事業 若手人材の職場実習受け入れ先企業様を募集しています。

アデコでは、公益財団法人東京しごと財団より「若者正社員チャレンジ事業」を受託し、若年求職者の正規雇用を促進させるプログラムをご提供しています。この事業を通じて、実習先として若年求職者を受け入れ、求職者の職業的な自立にご協力いただける東京都内に事業所をお持ちの企業様を募集しています。

実習参加者の優秀な人材が採用できるチャンスもありますので、若手人材の採用をお考えの企業様は、この機会にぜひご検討ください。

  • 若者正社員チャレンジ事業の概要
  • よくある質問
  • 受け入れ 申し込み・問い合わせ

よくある質問

どのような契約をアデコと取り交わす必要がありますか

特にありません。
ただし、アデコにはお申し込み書とハローワークの求人票(本事業用)の控えをご提出いただきます。

東京しごと財団と取り交わす契約はありますか

ありません。
ただし、所管のハローワークへの求人申し込みが必要です*1。申し込みの際には下記のリーフレットを持参する必要があります。

*1:すでにハローワークに求人申し込みを行っている場合でも、本事業用に別途お申し込みをしていただく必要があります。

実習参加者はどのような人材ですか

高校、専門学校、大学等を卒業後3年経過した29歳以下の「就職が決まらないまま学校等を卒業後、一度も就職したことがない方」もしくは、「正社員以外の職歴のみを有する方」、「直近2年以内に正社員の職歴が1年未満の方」で、経験は浅いですが、意欲の高い方をご紹介します。

実習はいつから受け入れ可能ですか

5月下旬から随時受け入れが可能です。

実習はどのような内容でもよいですか

単純な作業のみといった内容ではなく、仕事の進め方、ビジネスコミュニケーションなど正社員として必要な心構えやスキルが習得できるような内容でお願いします。

  • ※実習プログラムの計画を作成いただき、ご提出いただきます。

残業や休日出勤もお願いできますか

原則、できません。

  • ※週5日以内で15日〜20日間で、1日あたり6時間から8時間、総実習時間が120時間以上160時間以下の勤務でお願いします。

実習中は料金はかかりますか

人件費に係わる費用は、一切発生しません。

実習生および受け入れ企業様に対して、受入準備金などを支給させていただきます。
※支給にあたっては要件を満たす必要があります。

実習場所は都内ではないですが大丈夫ですか

原則、都内の事業所での実習をお願いします。ただし、実習生の居住地から遠すぎないなどの場合は可能なこともありますので、事前にご相談ください。
なお、出張が必要な場合は、出張経費(宿泊費、交通費等)は受け入れ企業様負担とさせていただいております。

実習期間を延長することは可能ですか

20日間以上の延長はできません。
1日あたりの実習時間は6時間から8時間で、総実習時間を120時間以上160時間以下とする必要があります。

参加した実習生を採用したいのですが可能ですか

実習後実習生が希望すれば、ハローワーク飯田橋U-35を通じて紹介をし、選考をすることができます。
実習期間中に、その実習生と雇用予約を行うことはできませんので、ご注意ください。

ハローワークから紹介を受けた実習生は選考を行って構いませんか

実習終了後であれば、紹介された実習生に対して、選考を行っていただいて構いません。

受入準備金とはどのようなものですか。また、どのように申請するのでしょうか

企業様には研修期間中は研修担当者を1名専任いただく必要があります。このような企業様の負担を緩和するために、要件を満たした受け入れ先企業様に対して、実習生1人あたり日額6,000円を支給するものです。
支給に際しては、実習終了後アデコに受入準備金申請の書類を提出いただきます。

紹介いただいた実習生の採用には、紹介料の支払いが必要でしょうか

今回のプログラムで実習した求職者をハローワーク飯田橋U-35経由で紹介された場合でも、紹介料は一切かかりません。
なお、採用して6カ月継続で雇用した場合は東京しごと財団から1人あたり150,000円が支給されます。


©2017 Adecco. All Rights Reserved.