中国ビジネスにおける人事戦略セミナー

中国事業のパラダイムシフト 
―これから求められる組織・人事のあり方と現地人材派遣の最新情報―

このたび、アデコではヘイグループから講師をお招きし、中国で事業を展開している企業様向けの人事戦略セミナーを開催します。中国市場の環境変化へのスピーディな取り組みが企業の業績に影響を及ぼす昨今、グローバル組織・人事のあり方や具体的な対応など事例を交えてご紹介します。
中国現地法人の組織や人事施策のヒントとして、ぜひお役立てください。

タイトル 中国ビジネスにおける人事戦略セミナー
中国事業のパラダイムシフト ―これから求められる組織・人事のあり方と現地人材派遣の最新情報―
開催日時 2014年6月4日(水)14:00〜16:00 ※開場13:50
場所 アデコ新宿JOBセンター セミナールーム
東京都新宿区西新宿1丁目25番1号 新宿センタービル34F
アクセス
  • 各線新宿駅西口より徒歩5分
    ※新宿西口を出て、スバルビル側の動く歩道(北側地下通路)をご利用ください。もしくは、新宿西口から中央通りを都庁方面にお進みください。
内容
  • 先進国の牽引役である中国を通してみるグローバル組織・人事のあり方
    これまで新興国の中心として世界の成長を牽引してきた中国も、本年度のGDP成長目標を7.5%前後とするなど、成長の伸びは鈍化してきている状況であります。このような環境の中で、ミクロの世界で見るとその環境変化を察知し、組織の仕組や人材の質の転換を図っている企業とそうでない企業において、業績に差が出てきております。従って、先行して取り組みを始めている企業の事例を紹介しながら、グローバル組織・人事のあり方を検討して参ります。
  • 中国現地の人事労務最新トレンド
    『労務派遣の規制強化の最新情報』、『人事業務シェアード化によるトータルのコスト削減』

    2014年1月に中国政府より『労務派遣暫定規定』が公布され、中国における人材派遣(労務派遣)の使用において明確な規定や制限が設けられました。これにより現地で労務派遣を多く活用する企業は、直接雇用への切り替え、あるいは業務自体をアウトソーシングに移行するなどの対応が早急に求められます。当セミナーでは、新規定のポイントおよび対応策を具体的な事例とともに分かりやすく解説します。また、その他、現地の人事業務のシェアードモデルなど、最新トレンドも案内します。
講師

大鶴 保
株式会社ヘイコンサルティンググループ シニアマネージャー
情報通信、総合電機、製造、流通等の幅広い業界に対し、コンサルティングサービスを提供。人事・組織戦略構築、グローバル人事構築、経営人材育成、タレントマネジメントなど、組織・人材領域のサービスを日本および中国にて展開している。京都大学理学部卒業後、ブーズ・アンド・カンパニーを経て、ヘイグループに参画。

高山 智至
FESCO Adecco
ジャパニーズソリューションディレクター
アデコ株式会社入社後、国内営業、タイ駐在を経て、海外進出支援部門にて日系企業の海外進出やグローバル人材の採用支援に従事。2012年より上海に駐在し、中国国営人材サービス会社最大級であるFESCOグループとの合弁会社であるFESCO Adeccoにて、現地日系企業が抱える人事・労務に関する課題解決に従事。

対象者 すでに中国で事業展開している企業の人事・経営企画部門/グローバル戦略の企画部門の責任者・担当者さま
参加費 無料
定員 30名
お申し込み締切 2014年6月3日(火)
お申し込みを締め切らせていただきました。