EAP・メンタルヘルスケア関連用語集

ここでは、EAPやメンタルヘルスに関する用語を解説しています。
調べたい用語の頭文字で検索してください。

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や・ら・わ行

4つのケア

「メンタルヘルス指針(労働者の心の保持増進のための指針)」において示されたメンタルヘルスケア(対策)のこと。

  • セルフケア
    労働者が自らのストレスに気づき予防対処する
  • ラインによるケア
    管理監督者が心の健康に関して職場環境などの改善や、従業員の相談対応を行う
  • 事業場内産業保健スタッフ等によるケア
    事業場(企業など)内の産業医などの産業保健スタッフなどが心の健康づくり対策を提言・推進し、従業員や管理監督者などを支援する
  • 事業場外資源によるケア
    事業場(企業など)外の機関および専門家を活用し、その支援を受ける

ラインケア

労働災害(労災)認定

「労働災害」とは、業務上または通勤途中などで発生した事故によって、傷病・負傷・障害・死亡などに至る災害のことで、その要因が基準と合致した場合に認められることを「労働災害認定」という。
雇用形態に関係なく、その企業で働くすべての従業員(パート・アルバイト・契約社員を含む)に適用される。

※派遣社員の場合は、派遣元企業に適用される。

リスクマネジメント

経営活動で起こりえるリスクを組織的に管理することで、さまざまな機会損失を回避しリスクを最小限に抑えること。社会・文化・倫理・政治・法律などを考慮しながら、科学的に妥当で費用対効果の優れた一連の行動(リスク削減・防止策)を実施する。

リファー

問題を抱えカウンセリングに訪れた相談者に対して、その問題解決のために必要となる最適な専門機関を紹介すること。

ワークライフバランス

やりがいのある仕事と充実した生活を両立させることやそういった考え方のこと。「仕事と生活の調和」ともいう。1990年代の米国で生まれた考え方で、企業は、従業員がやりがいや仕事への充実感をもちながら、多様な働き方・生き方を選択し実現できるよう、フレックスタイムや、育児・介護のための時間短縮勤務、在宅勤務などの制度を導入しており、さまざまな取り組みを行っている。