EAP・メンタルヘルスケア関連用語集

ここでは、EAPやメンタルヘルスに関する用語を解説しています。
調べたい用語の頭文字で検索してください。

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や・ら・わ行

アサーション

相手の意見を尊重しながら、自分の気持ちや意見を素直に表現するためのコミュニケーション方法。

※「アサーティブ・コミュニケーション」:
1960年代、米国の人権運動や社会教育で発展した、自分の意見を円滑に伝えるスキルのこと。
対人関係に悩んでいる人や自己表現などが苦手な人が、個人のコミュニケーションパターンを見つめ直し、実習を通して適切なコミュニケーション方法を獲得することでもある。

安全配慮義務

労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、使用者において配慮する義務のこと。使用者が、この義務を怠り、労働者に損害を生じさせたときは、その損害を賠償しなければならない。この損害賠償は、労災認定による補償と並行して請求されることがある。
なお、この義務は、もともと判例法理として認められてきたものであるが、平成21年3月施行の労働契約法第5条において明文化が図られた。

うつ病

気分障害の一つで、抑うつ気分や不安・焦燥感の増大、精神活動や食欲の低下、不眠などを特長とする精神疾患のこと。

※「躁うつ病」:
双極性障害。躁状態とうつ状態を繰り返す精神疾患のこと。

うつ状態(抑うつ状態)

気分が落ち込み、憂うつになる状態のこと。抑うつ状態を呈する代表的な疾患としては「うつ病」があるが、不安障害や統合失調症、適応障害、パーソナリティ障害、など、あらゆる精神疾患の併発症状となり得る。

EAP(Employee Assistance Program)

職場のパフォーマンスを向上させるために、行動科学の観点から個人や企業に解決策を提供するプログラムのこと。1960年代の米国で、アルコール依存症対策を目的に始まった試みで、1980年代後半から、労働者個人や組織の生産性を向上させるために、労働者の健康管理だけでなく、職場のストレス、健康、家族、アルコール、薬物など、広範な分野で従業員の個人的な問題解決を目的とした支援プログラムとして普及した。

EAPA

米国バージニア州を本拠地とする、世界で最大のEAP職能団体のこと。「国際EAP協会」という。
これの日本支部が「日本EAP協会」「EAPコンサルティング普及協会」で、EAPの専門家を育成する各種研修会やセミナーを開催するなど、日本国内でのEAPの普及に努めている。

EAPアドバイザー

EAPサービスを提供する事業者のこと。