EAP・メンタルヘルスケア「トータル・ライフ・サポート・プログラム(TLSP)」

活用事例

  • EAP・メンタルヘルスケア
  • メンタルヘルス対策の重要性
  • サービスの特長
  • サービスラインアップ
  • 活用事例
  • ご利用の流れ・問い合わせ

トータル・ライフ・サポート・プログラムの活用事例

企業が職場の生産性向上を目指すうえで重要な要素となる「EAPサービス」のひとつとして展開しているTLSPは、企業がもつさまざまな課題に対して、俯瞰的な視点からサポートしています。
ここでは、企業が抱えるメンタルヘルスの問題のなかで、よくあるケースとTLSPのサービスを用いたケースごとの対応をご紹介します。

ケース1
これからメンタルヘルスの対策を講じようと思っているが、
何から取り組めばいいのか、どのような対策を講じればいいのかわからない……

対策

これから施策を新たに導入しようという段階では、まず、社内体制の整備や施策を行う担当者の選出および教育が必要です。土台をしっかり固め、効果的・効率的な対策を講じます。

対策後のフォローアップおよび次の施策

ケース2
メンタルヘルス対策を講じているが、
組織全体のストレス傾向が明確でないためか、効果がでているのかよくわからない……

対策

実施している施策の効果を把握できないと、次に必要な対策がなにかを判断することは難しくなります。今回の場合は、会社の全体傾向を、具体的な数値で多角的に分析し、対策を検討していく必要があります。

対策後のフォローアップおよび次の施策

※社内の産業保健スタッフを利用することも、フォローアップとしては有効

ケース3
組織変更や異動などによって、メンタルヘルス不調の従業員が増加してしまい、
職場全体のモチベーションが低下している……

対策

組織変更などの配置転換に起因する従業員のモチベーション低下は、多かれ少なかれどのような組織でも起こりうることです。
範囲が広いほど、職場の生産性に大きな影響を及ぼしかねない問題ですので、早い段階での対応が必要となります。

対策後のフォローアップおよび次の施策


お問い合わせはこちらから メンタルヘルス・EAPサービスにご興味や関心がございましたらお気軽にお問い合わせください
電話でのお問い合わせ ※受付時間:平日9:00〜17:00
お問い合わせフォーム