EAP・メンタルヘルスケア「トータル・ライフ・サポート・プログラム(TLSP)」

サービスラインアップ

  • EAP・メンタルヘルスケア
  • メンタルヘルス対策の重要性
  • サービスの特長
  • サービスラインアップ
  • 活用事例
  • ご利用の流れ・問い合わせ
  • サービスラインアップ
  • ストレスチェック・組織診断
  • メンタルヘルスセミナー
  • EQ能力開発プログラム
  • フォローアップセミナーカウンセリング
  • 訪問カウンセリング
  • 外部相談窓口

EQ能力開発プログラム

EQ(心の知能指数)とは、自分自身の今の感情の状態を認識し、それをコントロール・活用する能力です。このプログラムは、EQ理論をもとにEQ能力の開発を行い、個人を成長させるだけではなく組織の生産性(活力)を向上させる「個人の自立と成長を支援する」新しい能力開発プログラムです。

サービス内容

サービス名 概要/目的  
EQI®
(EQ行動特性検査)

250問の質問回答からEQの発揮度合いを行動面から測定する検査です。従業員個人の育成ポイントの見極めや、組織分析が可能になります。

検査項目

  • 3知性(心内知性・対人関係知性・状況判断知性)
  • 8能力(自己認識力・ストレス共生・気力創出力・自己表現力・アサーション・対人関係力・対人受容力・共感力)
  • 24素養(私的自己意識・社会的自己意識・抑うつ性・特性不安など)

結果サンプル

EQ能力開発プログラム
(セミナー/個人面談)

EQの考え方やEQを意識して行動することを理解し、EQI(行動特性検査)を活用して、行動・感情のクセなど自分の“強み”、“弱み”を認識し、組織や社会で活躍できる人材に成長していくための能力開発プログラムです。

セミナー/個人面談

内容例

  • EQとは・EQ理解
  • EQI検査結果を通した自己・相互理解
  • 今後、自分に必要なEQ能力開発の理解・開発
  • 行動計画の策定 など

対象例

  • 階層別:経営層、管理職、中堅、若手、新人、内定者など
  • 職種別:営業、企画、エンジニア、研究、事務など
  • 目的別:組織力向上、マネジメントスキル、コミュニケーション、教育など

導入効果

  • 組織改革を行う上で、現状の組織の課題を客観的な分析で把握することができた
  • 組織として、職場風土を把握することができ、社内のコミュニケーション改善につなげることができた
  • 従業員個人の強みや弱みを計ることで、育成のポイントを把握でき、マネジャーによるマネジメントがしやすくなった
  • 従業員個人が具体的な目標を立てることができるようになり、仕事に対するモチベーションが高まった

実施の流れ

Step1 事前打ち合わせ

導入前に組織の課題や目的や、導入対象の範囲対象者のもつ課題などをお聞きして、内容や実施期間の打ち合わせを行います。

EQI受検の実施

マークシート(紙)またはインターネットを用いて実施します。

  • マークシート(紙):個別に質問表を配布して実施
  • インターネット:専用サイトから実施

実施・回収期間は状況によって異なります。

EQIの傾向分析

検査結果の集計を行います。
対象者のEQの発揮度合いなどの分析を行い、フィードバックレポート(検査結果)を行います。

セミナーの実施

EQIのフィードバックレポート(検査結果)に基づいたセミナー/個人面談を実施します。
※受講者自身のEQI検査の結果に基づくことで、能動的な研修への取り組みを促すことができます。 研修実施後、総括した結果を報告します。


お問い合わせはこちらから メンタルヘルス・EAPサービスにご興味や関心がございましたらお気軽にお問い合わせください
電話でのお問い合わせ ※受付時間:平日9:00〜17:00
お問い合わせフォーム